オグレディが2打席連続タイムリー! 3投手の継投で逃げ切った埼玉西武が勝利

2022.4.13(水) 20:42 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・オグレディ選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・オグレディ選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月13日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と北海道日本ハムの第5回戦は、4対3で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は初回、オグレディ選手、呉念庭選手の連続適時打で2点を先制する。さらに3回裏、オグレディ選手の2打席連続となる適時打で1点を追加すると、2死からは外崎修汰選手がセンター前へ運び、4対0とした。

 先発の松本航投手は、初回をわずか7球で3者凡退と素晴らしい立ち上がりを見せる。援護をもらって以降も危なげない投球を続けていたが、5回表、野村佑希選手にこの試合初安打を許すと、石井一成選手に2号2ランを浴び、2点差に詰め寄られた。

 7回表にも1点を返された埼玉西武は、8回表から継投策に移る。まず、2番手で登板した平良海馬投手が3者連続三振と圧巻の投球を見せた。9回裏にマウンドへ上がった増田達至投手は、先頭打者に今季初の被安打を許すと、源田壮亮選手の失策などで1死2、3塁のピンチを背負う。しかし、後続を三振と二飛に打ち取ってリードを守り切り、4対3で試合終了。

 埼玉西武は、前回対戦でも2打点を挙げていたオグレディ選手を中心に相手先発・立野和明投手を打ち崩し、主導権を握った。7回3失点で今季初のQSを達成した先発の松本航投手が2勝目を挙げている。一方敗れた北海道日本ハムは、先発の立野和明投手が3回7安打4失点。4回以降を無安打に抑え込んだ救援陣の奮闘もあり、じわじわと追い上げたが、最後に一本が出なかった。 

  123456789 計
日 000020100 3
西 20200000X 4

日 ●立野和明-吉田輝星-宮西尚生-杉浦稔大-古川侑利
西 ○松本航-平良海馬-S増田達至

文・吉村穂乃香

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】オグレディの先制タイムリー
【動画】オグレディ 2打席連続タイムリー2ベース
【動画】外崎修汰がフェンス際の打球をキャッチ
【動画】平良海馬 上位打線から3者連続三振を奪う

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM