公式YouTubeチャンネルにも「伝説」生まれる。佐々木朗希の完全試合が急上昇独占

2022.4.12(火) 20:29 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月10日、千葉ロッテ・佐々木朗希投手が達成した完全試合は、プロ野球史のみならず「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルの歴史にも新たな伝説をつくった。完全試合達成を受けて同チャンネルで公開された佐々木朗投手の動画は翌11日までYouTubeでの注目度を示す「急上昇ランキング」で1位、2位を独占(チャンネル史上初)。またチャンネル内の日単位での再生回数は、これまでの最多視聴回数を305万回上回る、歴代最多の860万回となった。

 未だ興奮冷めやらぬなか、ここでは「伝説」を動画とともに振り返りたい。一度見た方も、そうでない方も、もう一度感動の瞬間をどうぞ。

前人未到の「13者連続三振」球場の雰囲気が徐々に変わる

 1つ目の伝説は完全試合達成の前に生まれる。連続奪三振数におけるプロ野球の歴代記録(9者連続)を大幅に更新する「13」者連続三振を奪った。徐々に奪三振を積み重ねていくにつれ、球場のボルテージが上がる。日本新記録となる10者目を吉田正尚選手から奪ってからは、興奮を通り越した独特の空気感が球場を支配していたようにも見える。何度見ても鳥肌がとまらない、伝説が生まれる瞬間をもう一度動画でご覧あれ。

動画:【令和の伝説】佐々木朗希『日本新記録・13者連続三振』

佐々木朗希の全アウト、そして“伝説”をこの一本に

 完全試合達成を受け、YouTubeチームも急ピッチで動画を作成した。「THE FEATURE PLAYER」として、佐々木朗投手が奪った全27個のアウトを収めたまとめ動画では、上の13者連続三振の動画とともに急上昇ランキングの1位と2位を独占した。

 またこの動画では、登録者数92万人を誇る同チャンネル編集者による巧みな編集技術が興奮をさらにかきたてる。かっこいいBGMと放送席の実況・解説、球場内の音を調整し、完全試合達成までのストーリーを演出。達成の瞬間には......この感動は言葉ではなく、ぜひ動画で何度でも味わっていただきたい。

動画:若きバッテリーが歴史つくる!! 佐々木朗希『日本記録タイ19奪三振・完全試合達成』《THE FEATURE PLAYER》

記録達成の女房役・松川虎生選手の動画も含め、全7本公開

 今回佐々木朗投手とともに注目を浴びたのは、ドラ2の新人捕手・松川虎生選手だ。記録達成のターニングポイントとなった好打者・吉田正選手を好リードで封じると、自身のバットで佐々木朗投手に援護点もプレゼント。今試合の伝説における立役者の一人であると言えるだろう。

動画:【配球】松川虎生『10個目の三振奪った“吉田正尚への攻め”』

 同チャンネルでは松川選手の活躍動画を含めて、10日の千葉ロッテ対オリックス戦動画を計7本公開している。この「伝説」はどのようにして生まれたのか、さらに知りたい方はこちらも合わせてご覧いただこう。

文・小野寺穂高

↓動画はこちら↓
【あわや満塁弾!?】松川虎生『フェンス直撃の走者一掃タイムリー』で朗希を援護
【完全試合達成】ここに『野球の幸せが凝縮』されている【マルチアングル】
千葉ロッテ・佐々木朗希投手ヒーローインタビュー
4月10日 千葉ロッテ対オリックス 試合ハイライト

関連リンク

佐々木朗希 選手名鑑
佐々木朗希が完全試合達成。プロ野球新記録の13者連続奪三振など球史に名を残す
完全試合の佐々木朗希は「世界最高レベル」 元千葉ロッテ監督バレンタイン氏も大絶賛
完全試合の佐々木朗希が示す“異次元のデータ” 山本由伸も凌駕し球界最高の投手に?

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM