サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

山本由伸が球団新記録の18連勝でオリックスが勝利! 平野佳寿はNPB通算600試合登板を達成

2022.4.9(土) 17:27 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月9日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第2回戦は、4対2でオリックスが勝利した。

 オリックスの先発はエースの山本由伸投手。初回、連打などで1死満塁のピンチを招き、5番・マーティン選手の犠牲フライで今季自身初失点となり、千葉ロッテに先制を許す。2回以降もランナーを背負う苦しい状況も、粘り強いピッチングで追加点は与えない。

 打線は5回表、相手の失策と安打で1死1、2塁のチャンスをつくると、1番に起用された佐野皓大選手が千葉ロッテの先発・小島和哉投手の直球を捉え、レフトスタンドへ。これが逆転の2号3ランとなり、3対1と形勢が入れ替わる。

 リードを守りたい山本投手は、5回裏に1死1塁から再びマーティン選手に長打を許すも、味方の連係プレーに助けられ無失点で切り抜ける。しかし7回裏に先頭の4番・レアード選手にNPB通算200号となる2号ソロを浴び、1点差に迫られる。ただその後の得点は許さず、結果的に7回9安打9奪三振6四死球2失点でまとめる投球を見せた。

 追加点が欲しい8回表。打線は2番手・鈴木昭汰投手から先頭のバレラ選手がレフトへの二塁打を放つと、その後2つの四球で1死満塁のチャンスを得る。すると6番・福田周平選手が打球をセンター前にはじき返し、貴重な追加点を挙げる。

 8回裏からは2番手・ビドル投手がマウンドへ。四球と内野安打で1死1、2塁のピンチを背負うも、3番・佐藤都志也選手をダブルプレーに打ち取り、1回無失点。最終回は守護神・平野佳寿投手が3人で締めて、4対2でゲームセット。

 勝利したオリックスは、先発・山本投手が再三のピンチを招くも最少失点に抑える力投で開幕3連勝。また昨季からの連勝を「18」に伸ばし、球団新記録を更新した。さらに平野投手も、通算600試合登板をマークした。

 敗れた千葉ロッテは、先発の小島和哉投手が7回4安打2四球3三振3失点と試合をつくるも、打線が再三のチャンスを生かしきれず。またレアード選手がNPB通算200本塁打を記録している。

  123456789 計
オ 000030010 4
ロ 100000100 2

オ ○山本由伸-ビドル-S平野佳寿
ロ ●小島和哉-鈴木昭汰-廣畑敦也-小野郁

文・杉森早翔

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】佐野皓大 レフトへ逆転3ランホームラン!
【動画】福田周平のタイムリーで追加点!
18連勝で球団新記録!山本由伸の動画をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM