松田宣浩が決勝タイムリー! 今季初2桁安打の福岡ソフトバンクが勝利

2022.4.7(木) 21:13 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・松田宣浩選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・松田宣浩選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月7日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクとオリックスの第3回戦は、7対3で福岡ソフトバンクが勝利。カード戦績を2勝1敗で終えた。

 福岡ソフトバンクは3回裏、三森大貴選手の2号ソロで1点を先制。逆転された直後の6回裏には、三森選手、牧原大成選手の連打、グラシアル選手の四球で満塁の好機を得ると、中村晃選手の押し出し四球で同点に。なおも満塁の場面で松田宣浩選手に3点適時三塁打が生まれ、5対2と勝ち越しに成功した。

 先発のレイ投手は、要所を締める投球で5回まで無失点に抑える。しかし6回表、バレラ選手に来日初ホームランとなる逆転2ランを被弾すると、7回表に四球と安打で2死1、2塁のピンチを招いて降板。後を受けた津森宥紀投手が頓宮裕真選手に適時打を浴び、1点を返される。

 打線は7回裏に四球と犠打で得点圏に走者を進めると、牧原大選手の適時三塁打、グラシアル選手の適時打で2点を追加。以降は8回表を又吉克樹投手、9回表をモイネロ投手がそれぞれ3者凡退で締め、7対3で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、レイ投手が6.2回5安打1四球4奪三振3失点の内容で日本球界復帰後初勝利。打線では、牧原大選手が3安打、三森選手、松田選手が2安打など、計11安打を放ち、今季初の2桁安打を記録した。

 一方敗れたオリックスは、先発・山崎福也投手が5.1回6安打1四球3奪三振3失点の内容。後を受けたリリーフ陣も4失点と粘れなかった。打線では頓宮選手が3安打をマークしている。

  123456789 計
オ 000002100 3
ソ 00100420X 7

オ ●山崎福也-小木田敦也-張奕
ソ ○レイ-津森宥紀-又吉克樹-モイネロ

文・東海林諒平

試合詳細/動画はこちら
【動画】レイ NPB復帰後初登板の初回を3者凡退に抑える!
【動画】松田宣浩 走者一掃の勝ち越しタイムリー3ベース!
【動画】本日猛打賞。頓宮裕真のタイムリーヒット!
「開幕1番」を務めた6名の選手にかかる期待とは?

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM