【ファーム】正木智也が2打席連続タイムリー、中村亮太が2回完全など投打かみ合い鷹が勝利

2022.4.5(火) 16:11 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・中村亮太投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・中村亮太投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月5日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと広島のウエスタン・リーグ公式戦、第4回戦は3対1で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは1回表、先発・松本裕樹投手が安打と四球で2死1、2塁のピンチを招くと、味方の悪送球で1点を失う。しかし直後の1回裏、先頭の川原田純平選手が安打で出塁。1死2塁として3番・正木智也選手に適時打が飛び出し、すぐさま同点に追い付いた。

 松本投手は2回表、3回表と無失点に抑え、3回2安打1四球1失点(自責点0)で降板。すると打線は3回裏、無死1、3塁の好機を得ると、真砂勇介選手が犠飛を放ち、勝ち越しに成功する。続く正木選手にも2打席連続の適時打が生まれ、この回2点のリードを奪った。

 リードを守りたい福岡ソフトバンクは4回表から高橋純平投手を投入し、2イニングを無失点に抑えると、6回表からは中村亮太投手も2イニングをそれぞれ3人で打ち取る好投を見せる。8回表を甲斐野央投手が無失点でつなぎ、9回表を重田倫明投手が締めて3対1で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、真砂勇介選手が決勝打、ルーキー・正木選手が2安打2打点の活躍を見せた。投手陣はアクシデントから復帰した先発・松本投手が3回2安打1失点(自責点0)の投球内容。リリーフ陣も2点のリードを守り切り、勝利をつかんだ。

  123456789 計
広 100000000 1
ソ 10200000X 3

広 ●森翔平-ケムナ誠-コルニエル
ソ 松本裕樹-○高橋純平-中村亮太-甲斐野央‐S重田倫明

文・鈴木竜雅

関連リンク

【動画】中村亮太 若鷹スピーチ
【動画】正木智也 先制のタイムリーヒットで存在感を発揮!
【動画】重田倫明 ファーム公式戦初セーブを挙げる
【動画】リチャード 軽快なハンドリングを見せる

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM