【ファーム】黒川史陽が決めた! 東北楽天が4点差からサヨナラ勝ちで9連勝

2022.4.5(火) 17:26 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・黒川史陽選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・黒川史陽選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月5日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアムで行われた東北楽天と巨人のイースタン・リーグ公式戦、第1回戦は8対7で東北楽天が勝利した。

 東北楽天は1回裏、黒川史陽選手の安打と2四球で1死満塁の好機を得ると、横尾俊建選手が四球を選び、押し出しで先制に成功。続く小郷裕哉選手の犠飛で1点を追加し、初回から2点を奪った。

 しかし直後の2回表、先発・藤井聖投手が2死1、3塁のピンチを招くと、喜多隆介選手、岡田悠希選手に連続適時打を浴び、同点に追い付かれた。

 打線は4回裏に武藤敦貴選手の内野安打と盗塁などで1死3塁の好機をつくると、マーキ選手が犠飛を放ち、勝ち越しに成功。1点リードで試合を折り返す。

 リードを守りたい藤井投手だったが、6回表に香月一也選手に2号ソロを浴びると、その後2死1,3塁のピンチで増田陸選手に適時打を浴び、逆転を許す。さらに7回表にも代わった内間拓馬投手が秋広優人選手の2号2ランなどで3失点。3対7と4点を追う展開に。

 打線は5回以降無得点に終わっていたが、9回裏につながった。横尾選手、小郷選手の安打、内田靖人選手の四球で1死満塁の好機をつくると、江川侑斗選手が2点適時打を放つ。さらに入江大樹選手のライトゴロの間に1点を、続く釜元豪選手の適時打で1点を追加し同点に追い付く。その後も武藤選手の安打などで2死2、3塁と一打サヨナラの場面で、黒川選手が適時打を放ち、8対7で試合終了。

 勝利した東北楽天は、先発の藤井投手が5.1回9安打3四球6奪三振4失点と踏ん張れず、リリーフ陣も合わせて8四球と制球に苦しんだ。一方の打線は武藤選手、黒川選手、横尾選手がマルチ安打を記録するなど13安打を放ち、チームは9連勝を飾った。

  123456789  計
巨 020002300  7
楽 200100005X 8

巨 山田龍聖-桜井俊貴-笠島尚樹-菊地大稀-山口俊‐●堀岡隼人
楽 藤井聖-吉川雄大-内間拓馬-宋家豪‐○森雄大

文・鈴木竜雅

関連リンク

【動画】黒川史陽のサヨナラタイムリー
【動画】4点差を追い付いた! 釜元豪のタイムリー
【動画】江川侑斗 2点タイムリー

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM