佐々木朗希が8回3安打13奪三振の好投で本拠地初勝利! 千葉ロッテが3連勝

2022.4.3(日) 17:09 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月3日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと埼玉西武の第3回戦は、4対2で千葉ロッテが勝利。

 千葉ロッテの先発・佐々木朗希投手は初回、2者連続三振を奪うなど3者凡退で立ち上がる。すると打線は2回裏、埼玉西武の先発・渡邉勇太朗投手から四球と犠打で1死2塁の好機を得ると、8番・平沢大河選手が右前へ適時打を放ち、1点の先制に成功する。

 佐々木朗投手は3回表、4回表も3者凡退に抑える。5回表に山田遥楓選手からこの試合初安打を許すも、5回までに10奪三振と圧巻の投球を披露し、味方の援護を待った。

 すると6回裏、先頭の安田尚憲選手の安打と犠打で1死2塁とすると、8番・平沢選手がこの日2本目となる適時打を放ち、追加点をもぎ取る。なおも1死2塁の好機で、松川虎生選手からもプロ初打点となる適時打が生まれ1点を挙げ、千葉ロッテがリードを広げた。

 しかし続く7回表、源田壮亮選手に三塁打を浴び1死3塁のピンチを迎えると、栗山巧選手のゴロの間に1点を返され、2点差に。逃げ切りたい千葉ロッテは8回裏、池田来翔選手がプロ初安打となる二塁打で出塁し、続く松川選手の犠打で1死3塁とすると、1番・高部瑛斗選手が適時打を放ち貴重な1点を追加。スコアを4対1とする。

 佐々木朗投手は8回3安打1失点の好投で、9回表のマウンドを益田直也投手に託す。先頭のオグレディ選手に安打を許すと、栗山巧選手の適時打で1失点。さらに失策も絡み2死3塁とされるも、ジャンセン選手を三振に切って取り、4対2で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテは、先発・佐々木朗投手が8回99球3安打13奪三振1失点の好投で今季初勝利。力強いストレートを軸に埼玉西武打線を寄せ付けず、うれしい本拠地初勝利を収めた。打線では平沢選手が2打点の活躍を見せ、チームの連勝に大きく貢献した。

 一方敗れた埼玉西武は、渡邉投手が5.1回4安打7四球3失点と、四球で走者をためる苦しい投球内容。打線も佐々木朗投手を攻略できず、3連敗を喫した。

  123456789 計
西 000000101 2
ロ 01000201X 4

西 ●渡邉勇太朗-佐々木健-宮川哲-十亀剣
ロ ○佐々木朗希-S益田直也

文・山本理絵

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】佐々木朗希 10個目の三振を奪う
【動画】松川虎生がプロ初打点!
【動画】池田来翔 プロ初安打をマーク
「グッズが出て、うれしいっス。買ってもらえたら、さらにうれしいっス」! 松川虎生の開幕スタメン&初安打記念グッズが発売

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM