【ファーム】西巻賢二がサヨナラ2ラン! 終盤に追い付いた千葉ロッテが逆転勝利

2022.3.26(土) 16:29 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・西巻賢二選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・西巻賢二選手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月26日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦第2回戦は、6対4で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテの先発は土肥星也投手。初回を3者凡退で立ち上がったものの、2回表に1死から四球と安打を許すと、元山飛優選手に適時打を浴びて先制点を奪われてしまう。続く3回表には1死2、3塁の場面から、内川聖一選手の適時打でさらに2点を失った。

 追いかける展開となった打線は直後の3回裏、2死から四球で出塁した池田来翔選手が暴投の間に2塁を陥れたところから、2番・福田秀平選手が適時打を放ち、1点を返す。しかし5回表に土肥投手が犠飛で失点を喫し、再び3点差に広げられた。

 6回表からは東妻勇輔投手がマウンドへ。2死から連打を浴びて1、2塁とされながらも、迎えた内山太嗣選手から空振り三振を奪ってこの場面を切り抜ける。すると直後の6回裏に先頭の角中勝也選手の二塁打と進塁打で1死3塁としたところから、内野ゴロの間に得点を挙げて、2点差に迫った。

 追いすがる千葉ロッテは7回表を回をまたいだ東妻投手、8回表を3番手・田中靖洋投手がそれぞれ走者を許しながらも無失点に抑えると、8回裏に打線が奮起。連打と四球で1死満塁の絶好機をつくると、茶谷健太選手の犠飛で1点差まで詰め寄り、なおも1、3塁から植田将太選手の適時打で同点に追い付いた。

 試合を振り出しに戻して迎えた9回表は、4番手・横山陸人投手が2三振を奪う好リリーフ。直後の9回裏の攻撃では好機を生かすことができず、延長戦に突入する。10回表は山本大貴投手が3者凡退でつなぎ、10回裏、2死2塁から7番・西巻賢二選手がレフトへの1号2ランを放ち、6対4で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは2試合連続のサヨナラ勝利。先発の土肥投手が5回4失点の内容で序盤からリードを許すも、後を受けた救援陣が無失点リレーでつなぎ、終盤にかけて追い上げて逆転劇につなげた。打線では池田選手、福田選手、茶谷選手がマルチ安打をマークした。

  12345678910  計
ヤ 0120100000  4
ロ 0010010202X 6

ヤ 吉田大喜-杉山晃基-小澤怜史-●鈴木裕太
ロ 土肥星也-東妻勇輔-田中靖洋-横山陸人-○山本大貴

文・和田信

◇パーソル パ・リーグTV無料視聴キャンペーン実施中!3月末までパ主催試合が見放題!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】西巻賢二 サヨナラ2ランホームラン!
【動画】植田将太のタイムリーで同点!
【動画】福田秀平のタイムリーヒット
【動画】ドラフト2位ルーキー・池田来翔の好プレー

関連チーム記事/TEAM