石川歩が7回3安打無失点の好投。主軸が奮闘した千葉ロッテが白星スタート

2022.3.25(金) 19:04 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・石川歩投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・石川歩投手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月25日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天と千葉ロッテの第1回戦は、4対0で千葉ロッテが完封勝利した。

 仙台で始まった開幕3連戦の初戦は、石川歩投手と則本昂大投手の両先発による熱い投げ合いで始まった。

 千葉ロッテの先発・石川投手は、初回を3者凡退に抑えると、以降もテンポの良い投球を披露。度々、得点圏に走者を背負ったが、後続を凡打に打ち取って先制を許さない。対する則本投手も5回表まで千葉ロッテ打線をノーヒットに封じる快投を披露。両投手ともスコアボードに0を並べ、試合は中盤へと進む。

 0対0のまま迎えた6回表、ついに均衡が破れる。千葉ロッテは、平沢大河選手が四球を選ぶと、続く高部瑛斗選手のセーフティーバントなどで1死満塁の好機を演出。すると3番・中村奨吾選手が2点適時打を放ち、先制に成功する。続くレアード選手にも適時打が飛び出し、3対0。たたみかける攻撃で則本投手をマウンドから引きずり下ろした。

 8回表にレアード選手の適時打でリードを4点差にすると、その直後の8回裏には、今季新加入のゲレーロ投手が登板。1四球は与えたものの、後続を空振り三振に打ち取り、勝利を引き寄せる。最終9回裏は益田直也投手が締めて4対0で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、石川投手が7回95球3安打4奪三振無失点の好投で今季1勝目をマーク。打線もレアード選手、高部選手がマルチ安打を記録するなど活気を見せ、幸先良いスタートを切った。一方、敗れた東北楽天は、則本投手が5.1回99球3安打3四死球2奪三振3失点と6回表に崩れた。打線も好機を活かせず、完封負けを喫した。なお、千葉ロッテのドラフト1位ルーキー・松川虎生選手が「8番・捕手」で高卒新人捕手史上3人目となる開幕戦スタメン出場。安打こそ出なかったが、女房役として完封リレーをアシストした。

  123456789 計
ロ 000003010 4
楽 000000000 0

ロ ○石川歩-ゲレーロ-益田直也
楽 ●則本昂大-弓削隼人-西垣雅矢-藤平尚真-​​小峯新陸

文・下村琴葉

◇パーソル パ・リーグTV無料視聴キャンペーン実施中!3月末までパ主催試合が見放題!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

試合の詳細はこちら
石川歩の動画/記事/成績をチェック
【動画】中村奨吾 均衡を破る2点タイムリー
【動画】岡大海 チームを救うスライディングキャッチ
【動画】西垣雅矢 プロ初登板で1回0封

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM