【ファーム】樋口龍之介がサヨナラ打! 先発・上沢直之投手は5回6奪三振1失点

2022.3.21(月) 16:08 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・樋口龍之介選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・樋口龍之介選手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月21日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと横浜DeNAのイースタン・リーグ公式戦第1回戦は、5対4で北海道日本ハムがサヨナラ勝利を収めた。

 北海道日本ハムの先発・上沢直之投手は、初回を3者連続空振り三振に仕留める圧巻の立ち上がりを披露する。しかし3回表、先頭の山下幸輝選手に死球を与えると、2死二塁から1番・村川凪選手の適時二塁打で先制を許す。それでも3回表以外は、走者を出しながらも本塁は踏ませない投球をみせ、5回2安打2四球6奪三振1失点で降板した。

 6回表から継投に入った北海道日本ハムは2番手として立野和明投手が登板。2死から2安打と四球で満塁のピンチを招くものの、後続を断ち無失点に抑える。さらに続く7回表も続投、先頭打者に二塁打を許したが、ここも無失点で切り抜けた。

一方の打線は、横浜DeNAの先発・ロメロ投手の動くボールを捉えきれず、6回裏まで無得点に終わっていたが、7回裏に2番手・ピープルズ投手の立ち上がりを捉えた。先頭の5番・細川凌平選手、高濱祐仁選手の連打、続く片岡奨人選手の犠打で1死2、3塁から、9番・樋口龍之介選手の遊ゴロに敵失策が絡み、2対1と逆転に成功した。

 立野投手は8回表もマウンドに上がったが、蝦名達夫選手に2号同点ソロを許す。9回表も続投したが、1死1塁から代打・勝又温史選手にバックスクリーンに2号2ランをたたき込まれ、2対4と勝ち越しを許した。

 9回裏、1死から高濱選手、片岡選手が四球を選ぶと、続く石川亮選手の打球が後逸を誘った間に高濱選手が生還。さらに1死2、3塁から樋口選手がセンターへの2点適時二塁打を放ち、5対4でサヨナラ勝利を収めた。

 勝利した、北海道日本ハムは上沢投手が5回1失点と一軍の開幕に向け、最後の調整登板を終えた。一方打線は、高濱選手が3打数2安打と好調を示し、サヨナラ打を放った樋口選手も支配下復帰に向けアピールをした。

  123456789 計
デ 001000012 4
日 000000203 5

デ ロメロ-●ピープルズ
日 上沢直之-○立野和明

文・矢澤拓郎

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】上沢直之が3者連続三振を奪う
【動画】樋口龍之介が守備で魅せる

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM