序盤から得点を重ねたオリックスが勝利! 太田椋は2安打3打点と躍動

2022.2.26(土) 16:29 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 太田椋選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 太田椋選手(C)パーソル パ・リーグTV

 2月26日、アイビースタジアムで行われた福岡ソフトバンクとオリックスのオープン戦は、8対4でオリックスが勝利を収めた。

 オリックスの先発は竹安大知投手。初回、安打と四球で1死1、2塁と一打先制のピンチを背負うも、落ち着いて後続を打ち取りしのぐ。以降はテンポ良くアウトを重ね、3回2安打1四球無失点の好投を見せた。

 打線は2回表、福岡ソフトバンクの先発・千賀滉大投手から野口智哉選手、来田涼斗選手の安打で1死1、2塁の好機をつくると、山足達也選手が遊撃強襲の適時二塁打を放ち、先制に成功。さらに、渡部遼人選手、紅林弘太郎選手にも適時打が生まれるなど、この回4点を挙げる。

 4対0で迎えた4回表、福田周平選手が和田毅投手の代わり端を捉える安打で出塁すると、すかさず盗塁を決めてチャンスメイク。2死3塁の場面では、杉本裕太郎選手がセンターへ適時打を運び、1点を追加。太田椋選手にも適時三塁打が生まれ、6点のリードを得た。

 さらに6回表、渡部選手、紅林選手の連打などで得た1死2、3塁の好機から、太田選手の適時二塁打で2点を挙げる。しかし直後の6回裏、4番手・村西良太投手が井上朋也選手に二塁打を浴びると、続く上林誠知選手に2ランを許し、スコアは8対2に。

 6点リードの9回裏は、吉田凌投手が2死2、3塁からリチャード選手に2点適時二塁打を浴びるも、井上選手から空振り三振を奪い、8対4で試合終了。

 勝利したオリックスは、竹安投手が3回無失点と好投すると、打っては太田選手が2安打3打点。渡部選手、紅林選手も3安打を放つなど、若手選手の活躍が目立った。敗れた福岡ソフトバンクは、千賀投手、和田投手がそれぞれ3回4失点と乱調。打線は計10安打を記録するも、4得点にとどまった。

  123456789 計
オ 040202000 8
ソ 000002002 4

オ ○竹安大知-阿部翔太-齋藤綱記-村西良太-山田修義-中田惟斗-吉田凌
ソ ●千賀滉大-和田毅-東浜巨

文・高橋優奈

関連リンク

2安打3打点と大活躍!太田椋の記事はこちら
3回無失点の好投を披露した竹安大知の選手名鑑
3安打1打点1盗塁の活躍!渡部遼人の動画はこちら
意地の一発を放った上林誠知の選手名鑑をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM