「プロ野球の最前線に携われる」。PLMの現役アルバイトスタッフに聞く、仕事の魅力とは?【後編】

2022.2.8(火) 16:00 パ・リーグ インサイト
(C)パ・リーグ インサイト
(C)パ・リーグ インサイト

 パシフィックリーグマーケティング株式会社(以下、PLM)では現在、アルバイトスタッフを募集中です。実際にスタッフへ業務内容を聞いた前編に続き、ここからはもう一歩踏み込んだ内容をお届けします。ここでしか聞けない、リアルな声をどうぞ。

○メンバー紹介

座談会に参加したスタッフのプロフィール(C)パ・リーグ インサイト
座談会に参加したスタッフのプロフィール(C)パ・リーグ インサイト

ーーどのようにしてPLMのアルバイトを見つけましたか?

インサイト・Yさん「私は『プロ野球 アルバイト』で検索しました! 球場で働くアルバイトもありましたが、もともとパーソル パ・リーグTVを見ていたので、その運営に携われたらいいなと思い応募しました」

動画管理・Kさん「僕の場合は、友人がTwitterでPLMの募集を見せてきたのがきっかけですね。後は座ってできる、デスクワークが良いなという動機もありました(笑)」

ーーズバリ、採用面接でここは意識したほうが良いという点は?

動画管理・Aさん「『野球愛』じゃないですかね。私は大引啓次さん(元・オリックス他)がとても好きで、そのことを面接で話したら大変盛り上がりました! 自分の好きな選手や球団があったら、その『愛』をアピールしたほうが良いと思います」

インサイト・Mさん「そうですね。ですがその点に関しては注意したほうがいいことも。おそらく皆さん野球が好きで応募すると思うんですけど、PLMで働いている方たちもまた野球が好きで、それを仕事にしているという意味ではプロ意識もあります。ありのままで行くことも意識しつつ、プロ野球に対する謙虚な姿勢も大切かなと思います」

Kさん「ほう、その姿勢とはどのようなものだと思いますか?」

Mさん「パ・リーグ6球団を均等に見れる、ということですかね。私が入社したてのころ、かなり大きい記録達成を記事中で書き逃してしまったことがあって......。それ以来、パ・リーグ6球団にアンテナを張ることを意識しています。これから応募する方は、6球団通じて野球を見ることも意識したほうがいいと思います!」

ーーPLMで働く前に不安なことはありませんでしたか?

Yさん「最初は仕事でミスしてしまったら、好きなプロ野球を見るときに思い出してしまうのではないか、という不安もありました。しかしそれ以上に、その責任感ある仕事に関われることに対するワクワク感のほうが強かったです」

Kさん「僕はもともとセ・リーグの球団が好きだったので、知識の量に関しては不安もありました。でも出勤したら1日3試合ほど見ることになるので、当然興味も湧いてきましたし、PLMのアルバイトを通じてパ・リーグの球団が好きになりました!」

ーー今までで一番やりがいを感じた仕事は?

○インサイトチーム

強調スニペットにYさんの作成した記事が表示(C)パ・リーグ インサイト
強調スニペットにYさんの作成した記事が表示(C)パ・リーグ インサイト

Yさん「昨年の開幕に合わせて作成した記事“プロ野球選手の総移動距離は? 2021年のパ・リーグ6球団で算出してみた!”がGoogleのトップページにある“強調スニペット*”に表示されたのが一番嬉しかったです。またTwitterの引用リツイートを通じて、読者から好評が寄せられたときにはとてもやりがいを感じました」

*強調スニペットとは・・・特定のキーワードに対して、簡潔な回答(ベストアンサー)と認められたものが検索ページの最上位に表示される仕組み

Mさん「私が印象に残っている仕事は、社外のライターの方と取材対象の方の間に立って原稿の受け渡しを担当したことです。社外の方とメールをやりとりして記事を指揮する経験は、学生のうちにあまりない体験だと思います。責任は大きいですが、やり遂げたときはとてつもない達成感がありました」

○動画チーム

Kさん「先程のMさんの話にも共通しますが、社外の方と連携を取ったことが印象に残っています。その時はテレビ局の方とやり取りをしたのですが、業界用語が飛び交うなかで仕事をしました。ディレクターの方と同じ目線で仕事でき、自分がカットした映像がニュースで流れた時はとてもやりがいを感じました」

Aさんが担当したシーン(C)パーソル パ・リーグTV
Aさんが担当したシーン(C)パーソル パ・リーグTV

Aさん「私の場合は、自分の好きなチームのサヨナラ勝利シーンをアップ出来た時が一番嬉しかったです。動画を説明する文章も担当しているんですけど、乗りに乗った文章を公開できました!」(当時Aさんが担当した動画はこちら

ーー専門知識や実務経験、スキルがないと入れない?

Aさん「動画編集のスキルを事前に求められることは特にないです! キーボードが打てれば大丈夫だと思います(笑)」

Mさん「インサイトチームも、文章を書く経験がない方でも大丈夫です。上司の方や先輩が研修期間を通じてフォローしてくれるので、徐々に上達すると思います!」

ーー最後に、PLMでアルバイトすることの魅力をまとめると?

Mさん「『アルバイトだから』という特別扱いは一切なく、学生のうちから責任感のある仕事を任せてもらえるので、とても恵まれた環境だと思います。だからこそメールのマナーなど、社会人としての基礎も身につき、自分自身も成長できる経験になります!」

一同「一緒にパ・リーグを盛り上げていきましょう!」

 アルバイト募集座談会、いかがだったでしょうか。PLMでは2022シーズンに向けて、採用活動がすでに始まっています。プロ野球が大好きな方、スポーツビジネスに興味のある方「やる気・適正のある方は大歓迎」です。こちらからのご応募、ぜひお待ちしております。

取材・文 小野寺穂高

番外編! Q&Aでさらに詳しくPLM

 PLMの採用ページにあるよくある質問FAQの他に、いくつか質問をピックアップしました。

Q.シフトは固定制ですか?

A.月2回(部署によっては1回)、シフトを自由に申請できるのでご自身の予定を優先できます。

Q.他のアルバイトと兼業可能ですか?

A.募集要項にもあるように、週2回以上出勤できる方であれば構いません。プロ野球シーズンに合わせて仕事量にも変動が生じるので、兼業している方も多いです。

Q.年齢制限はありますか?

A.18歳以上の方(高校生以下不可)であれば特にありません。大学生の方、フリーターの方問わず募集しております。

Q.今後もリモートワークですか?

A.現在はフルリモートの体制も整っております。出勤形態は新型コロナウイルスの影響を鑑みて随時変更されます。

Q.パソコンなどの機材は自前ですか?

A.基本的にはご自身のPCを使っていただいております。ただ、貸出用のPCも用意しておりますので、環境等でご不便な点がございましたらお知らせください。

関連リンク

前編はこちらから
「好きなことを仕事に」。PLM執行役員が就活生へ向けて説いた「はたらく」うえで大切なこと
好きな選手の動画をあなただけのものに 新サービス「パ・リーグ Exciting Moments β」

関連チーム記事/TEAM