オリックス二軍本拠地が「杉本商事バファローズスタジアム舞洲」に

2022.1.27(木) 14:20 Full-Count
オリックスの2軍本拠地が「杉本商事バファローズスタジアム舞洲」に※写真提供:Full-Count
オリックスの2軍本拠地が「杉本商事バファローズスタジアム舞洲」に※写真提供:Full-Count

杉本商事株式会社と株式会社大阪シティドームとの間でネーミングライツ契約が締結された

 オリックスは27日、2017年3月から活動拠点として、またウエスタン・リーグ公式戦などでのホームグラウンドとして使用している「舞洲バファローズスタジアム」について、杉本商事株式会社と株式会社大阪シティドームとの間でネーミングライツ契約が締結されたと発表した。名称は「杉本商事バファローズスタジアム舞洲」となる。

 契約期間は2022年3月1日から2025年1月31日。杉本商事株式会社の杉本正行取締役常務執行役員は「ネーミングライツという形でパートナーシップを結ぶことができ、大変うれしい気持ちで一杯です。杉本商事バファローズスタジアム舞洲で躍動し、力をつけた選手たちが、1軍で大暴れしてくれることを願っています」などとコメントした。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

関連チーム記事/TEAM