千葉ロッテが2選手の背番号変更を発表。藤原恭大は「1」、小島和哉は「14」を背負う

2021.12.10(金) 16:00 Full-Count
千葉ロッテ・藤原恭大※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)
千葉ロッテ・藤原恭大※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

藤原「中心選手がつける番号をいただけて、とても嬉しいです」

 千葉ロッテは10日、藤原恭大外野手と小島和哉投手の変更を発表した。藤原は「2」から、今季途中まで清田育宏が背負った「1」に、小島は「43」から昨季まで早大の先輩である大谷智久氏が着けた「14」を背負う。

 藤原は球団を通じて「チームの中心選手がつける番号をいただけて、とても嬉しいです。千葉ロッテマリーンズを背負ってプレーをする自覚と責任をもって日々を大切にしながらやっていきたいと思います」とコメント。

 小島も「今年の活躍を評価していただいてこの番号をいただけるのは凄く嬉しい思いと、来年またしっかり頑張らないといけないなという気持ちで身が引き締まっています。小宮山さんと大谷さんという早稲田大学の大先輩の方たちがつけていた番号でもあるのでより一層、日々精進して頑張りたいと思います」とコメントした。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM