オリックスが近藤大亮と育成再契約 東晃平、廣澤伸哉も育成選手で

2021.12.9(木) 14:00 Full-Count
オリックス・近藤大亮※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)
オリックス・近藤大亮※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

近藤は昨年9月に右肘のトミー・ジョン手術を受けた

 オリックスは9日、近藤大亮投手、東晃平投手、廣澤伸哉内野手と育成選手契約を結んだことを発表した。背番号は近藤が「124」、東が「128」、廣澤が「120」。

 2017年から3年連続で50試合以上に登板した近藤は、昨年9月に右肘のトミー・ジョン手術を受けた。今季は治療のため全休だった。廣澤は今季1軍出場がなく、10月に戦力外通告を受けていた。東は来季が育成5年目となる。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM