吉田正尚の勝ち越し打も、終盤に逆転を許し惜敗。杉本裕太郎にシリーズ1号が生まれる

2021.11.23(火) 22:00 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 吉田正尚選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 吉田正尚選手(C)パーソル パ・リーグTV

 11月23日、東京ドームで行われた東京ヤクルトとオリックスの「SMBC日本シリーズ2021」第3回戦は、4対5でオリックスが敗れた。

 オリックスの先発は田嶋大樹投手。2回裏に四死球と守備の乱れから2死満塁のピンチを背負うも、ここは何とか無失点で切り抜ける。すると打線は直後の3回表、今度は相手にも失策が生じるなど、1死満塁のチャンスをつくる。ここで打席を迎えた宗佑磨選手は「必死に食らいついていこうと思った」と、カウント1-1からの3球目を叩いた打球が先制の適時打に。オリックスは今シリーズ初めて先制点を挙げる。

 一方の田嶋投手は、5回裏途中で走者を許し1死1塁としたところで降板し、オリックスサイドは継投へ。比嘉幹貴選手は内野ゴロでつないだが、3番手のバルガス投手が2者連続の四球で2死満塁のピンチを背負う。すると中村悠平選手に中前適時打を浴び、野手の悪送球も絡み3失点。逆転を許し、2点ビハインドで試合は後半戦へ。

 直後の6回表、ここまで2三振とバットが湿っていた先頭の吉田正尚選手が二塁打で出塁。続く杉本裕太郎選手はカウント2-2からの5球目を捉え、逆方向へ放った打球はライトスタンドへ。待望のシリーズ第1号ですぐさま同点に追い付く。さらに7回表には2死1、2塁とチャンスをつくると、吉田正選手が勝ち越しの適時二塁打を放つ。

 しかし7回裏、4番手の吉田凌投手が2死1塁からサンタナ選手に痛恨の逆転2ランを浴び、再び試合をひっくり返される。一矢報いたい打線は9回表、2死1、3塁と一打逆転の好機で杉本選手を迎えたが、内野ゴロに倒れ4対5で試合終了。

 終盤までもつれたシーソーゲームに敗れたオリックスは2連敗。打線では吉田正選手と杉本選手に打点が生まれるなど、次戦以降へ好材料も垣間見えたが、継投策が実らなかった。勝利した東京ヤクルトは、サンタナ選手のシリーズ初安打が殊勲の逆転弾となるなど、終盤に粘りを見せ1勝リードした。

  123456789 計
オ 001002100 4
ヤ 00003020X 5

オ 田嶋大樹-比嘉幹貴-バルガス-●吉田凌-K-鈴木
ヤ 小川泰弘-スアレス-田口麗斗-○石山泰稚-Sマクガフ

文・小野寺穂高

関連リンク

試合詳細はこちら
吉田正尚の今季成績/動画はこちら
例年と異なる日本シリーズの開催規定は?
野球王国はどこだ!?パ・リーグ選手出身地ランキング
パ・リーグ選手たちの難読漢字クイズに挑戦しよう!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM