中村剛也が2本塁打でチームを勝利に導く! 松本航は7回98球無失点の好投で9勝目

2021.10.14(木) 21:13 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・中村剛也選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・中村剛也選手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月14日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと埼玉西武の第22回戦は、3対0で埼玉西武が勝利した。

 北海道日本ハム・伊藤大海投手、埼玉西武・松本航投手による背番号「17」対決で始まった一戦は、熱い投手戦となった。

 松本投手は2回表、2死1、3塁のピンチを迎えるも中島卓也選手を見逃し三振に打ち取り、無失点に切り抜ける。以降も走者を出しながらも要所を締める投球で先制を許さない。好投を続ける松本投手を援護したい打線だったが、伊藤投手を打ち崩せず。3回表には2死満塁とするも、後続が倒れて先制の好機を逃がし、5回までスコアボードに0が並んだ。

 0対0で迎えた6回表、ついに均衡が破れる。森友哉選手が二塁打で好機を演出すると、中村剛也選手が16号2ランを放ち先制に成功。打った中村選手は、「打ったのはスライダー!打てて…よかったです」と豪快な一発に納得した表情を見せた。

 松本投手が6回裏から2イニングを3者凡退に抑えて流れをつくると、中村選手に今日2本目となる17号ソロが飛び出して1点を追加。主砲の頼もしい一発で勝利を手繰り寄せる。8回裏はギャレット投手が2死1、2塁と一発同点のピンチを背負うも、近藤健介選手を内野ゴロに打ち取って無失点に。最終9回裏は平良海馬投手が締め、3対0で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、松本投手が9勝目をマーク。「今日は、先制点を取られないことを意識してマウンドにあがりましたが、中村さんが2ラン、そしてソロホームランを打ってくださって、本当にうれしかったです。自分も勢いに乗って、抑えることができました。」と中村選手の心強い援護の流れに乗り、7回98球3安打3四球4奪三振無失点の好投を見せた。なお、平良投手が史上2人目、リーグ史上初となる1シーズン20ホールド&20セーブを達成した。一方、敗れた北海道日本ハムは、伊藤投手が7回115球6安打2失点の力投も敗戦投手に。打線もあと一本が出ず、無得点に終わった。

  123456789 計
西 000002010 3
日 000000000 0

西 ○松本航-ギャレット-S平良海馬
日 ●伊藤大海-玉井大翔-井口和朋

文・下村琴葉

関連リンク

ハイライト動画/ヒーローインタビューはこちら
【動画】中村剛也選手の16号&17号ホームラン
松本航投手の動画/成績をチェック
平良海馬投手の名鑑はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM