宗佑磨が起死回生の同点2ラン! 引き分けに持ち込んだオリックスがマジック点灯に王手

2021.10.12(火) 20:47 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 宗佑磨選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 宗佑磨選手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月12日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテの第23回戦は、2対2の引き分けで試合終了。今季最後の首位攻防カードは、両軍一歩も譲らぬドローで幕を開け、オリックスがマジック点灯へ一歩前進した。

 オリックス先発の田嶋大樹投手は、3回までを2安打無失点に抑えるまずまずの立ち上がりを披露。しかし4回表、レアード選手に先制弾を被弾すると、6回表には無死3塁から中村奨吾選手の適時打を浴び、リードを2点に広げられた。

 一方の打線は、要所での犠打失敗や併殺打も響き、7回まで無得点に抑え込まれる。しかし8回裏、太田椋選手の安打などで、2死1塁と一発出れば同点の場面をつくると、宗佑磨選手の打球は高々と舞い上がって右翼席に着弾。この試合2併殺打の悔しさを晴らす同点2ランで試合を振り出しに戻し、ベンチでは涙も見せた。

 同点のまま迎えた9回表を平野佳寿投手が難なく三者凡退に打ち取り、サヨナラ勝利を狙ったオリックスだったが、ここは相手守護神・益田直也投手が意地を見せ、2対2のまま試合終了。オリックスは、先発の田嶋投手が8回8安打7奪三振2失点と試合をつくると、打線が土壇場で追いついて引き分けに持ち込んだ。千葉ロッテの先発・小島和哉投手は、8回6安打2失点の好投を見せたが、一発に泣く結果となった。

  123456789 計
ロ 000101000 2
オ 000000020 2

ロ 小島和哉-益田直也
オ 田嶋大樹-平野佳寿

文・吉村穂乃香

関連リンク

試合の詳細はこちら
小島和哉投手の特集動画をチェック
【動画】レアード選手の26号ソロ
田嶋大樹投手名鑑
【動画】宗佑磨選手の起死回生の同点弾

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM