モヤが決勝タイムリー! オリックスが北海道日本ハムとのシーソーゲームを制す

2021.10.7(木) 21:00 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ・モヤ選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・モヤ選手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月7日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと北海道日本ハムの22回戦は、4対3でオリックスが接戦をものにした。

 オリックスは初回、2番・宗佑磨選手が安打と盗塁で2死3塁の好機を演出。すると、4番・杉本裕太郎選手の打球が相手の失策を誘い、1点を先制する。勝ち越しを許した直後の3回裏には、2死から杉本選手がソロ本塁打。なお、この本塁打で球団の右打者としては2014年のペーニャ氏以来となるシーズン30本塁打を達成した。

 先発の増井浩俊投手は、初回を3人で抑える上々の立ち上がり。しかし2回表、4番・近藤健介選手の三塁打で無死3塁のピンチを背負うと、続く高濱祐仁選手の内野ゴロの間に1点を献上。さらに3回表、味方の失策も絡み無死1、3塁とされると、併殺打の間に1点を失う。4回表には、先頭の3番・野村佑希選手に5号ソロを被弾し、2死から6番・王柏融選手に四球を与えたところで降板。4回途中4安打1本塁打2四球2奪三振3失点(自責2)の内容だった。

 2対3で迎えた4回裏、先頭の6番・中川圭太選手の三塁打などで1死1、3塁のチャンスをつくると、9番・伏見寅威選手の内野ゴロの間に1点を挙げる。さらに5回裏、2死2塁から5番・モヤ選手に適時打が生まれ、スコアは4対3に。4回表以降は、K-鈴木投手、山田修義投手、吉田凌投手、ヒギンス投手が無失点でつなぎ、9回表を平野佳寿投手が締めて4対3で試合終了。

 勝利したオリックスは、増井投手が4回途中3失点(自責2)でマウンドを降りるも、リリーフ陣が好投で流れを引き寄せ、中盤にモヤ選手の一打で勝ち越しに成功した。一方の北海道日本ハムは、先発の伊藤大海投手が6回6安打1本塁打3四死球4奪三振4失点(自責3)の内容。打線は粘りを見せたものの、オリックスの中継ぎ陣を捉えきれなかった。

  123456789 計
日 011100000 3
オ 10111000X 4

日 ●伊藤大海-宮西尚生-井口和朋
オ 増井浩俊-○K-鈴木-山田修義-吉田凌-ヒギンス-S平野佳寿

文・高橋優奈

関連リンク

ハイライト動画/ヒーローインタビューはこちら
【動画】モヤ選手の勝ち越しタイムリー
【動画】リーグ単独トップ!杉本裕太郎選手の30号ソロ
【動画】中川圭太選手、紅林弘太郎選手の見事な中継プレー
K-鈴木投手の動画/成績をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM