上沢直之が7回1失点の好投&西川遥輝が2打点の活躍! 北海道日本ハムがオリックスに逆転勝利

2021.10.6(水) 21:51 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・上沢直之投手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・上沢直之投手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月6日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと北海道日本ハムの第21回戦は、3対2で北海道日本ハムが勝利。今カードでの対戦成績を1勝1敗とし、カード勝ち越しに向けて望みをつなげた。

 北海道日本ハムの先発・上沢直之投手は初回、1死2塁のピンチを迎えると、紅林弘太郎選手に適時二塁打を浴びて、先制点を奪われてしまう。しかし追いかける打線は3回表、2死3塁の好機をつくると、西川遥輝選手が一塁線を破る適時二塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。

 リードを奪いたい打線だったが、6回までに再三得点圏に走者を置きながらも、ホームベースが遠い展開が続く。しかし同点のまま迎えた7回表、四球や淺間大基選手の安打で1死1、3塁とすると、西川選手の犠飛で勝ち越しに成功。なおも2死1、3塁の好機で、近藤健介選手にも適時打が生まれ、リードを2点に広げた。

 上沢投手は先制こそ許したものの、2回以降は本来の投球を取り戻してオリックス打線を抑え込む。勝ち越した直後の7回裏も3者凡退で切り抜けて、7回108球3安打5奪三振1死球1失点の内容でマウンドを降りた。

 8回裏は、2番手・B.ロドリゲス投手が宗佑磨選手の適時打を浴びて1点差まで詰め寄られるも、迎えた最終9回裏は杉浦稔大投手が4番から始まるオリックス打線を3人で締めて、試合終了。

 3対2で勝利した北海道日本ハムは上沢投手が今季19回目のQSを記録する好投で、自己最多に並ぶ11勝目を挙げた。打線では、西川選手が2安打2打点の活躍を見せると、近藤選手は適時打を含む猛打賞をマークした。一方の敗れたオリックスは、紅林弘太郎選手が2試合連続となる先制打をマークするも、中盤に勝ち越しを許して連勝は「8」でストップした。

  123456789 計
日 001000200 3
オ 100000010 2

日 ○上沢直之-B.ロドリゲス-S杉浦稔大
オ 山崎颯一郎-山田修義-比嘉幹貴-●海田智行-能見篤史-K-鈴木-富山凌雅

文・和田信

関連リンク

ハイライト動画はこちら
【動画】西川遥輝選手の同点打
近藤健介選手の直近の成績はこちら
上沢直之投手名鑑
好調!紅林弘太郎選手の特集動画をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM