13安打9得点の猛攻でオリックスが8連勝! 山崎福也は7回無失点で今季8勝目をマーク

2021.10.5(火) 21:09 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 山崎福也投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山崎福也投手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月5日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと北海道日本ハムの第20回戦は、9対0でオリックスが勝利し、球団では1971年以来の3試合連続完封勝利を収めた。

 オリックスは初回、1死から2番・宗佑磨選手が安打で出塁すると、3番・紅林弘太郎選手が10号2ランを五階席へたたき込み、幸先よく2点を先制。5回裏には宗選手に7号ソロ、続く6回裏には7番・モヤ選手に11号3ランが生まれる。

 さらにこの回。伏見寅威選手、山足達也選手、福田周平選手の3連打で無死満塁のチャンスをつくると、宗選手が犠飛を放ち、スコアを7対0とする。8回裏にも、連打と四球でつくった無死満塁の好機から、宗選手の犠飛や敵失で2点を追加。

 大量援護をもらった先発・山崎福也投手は、初回を3者凡退に打ち取ると、以降も要所を締めるピッチングで得点を与えず。テンポ良くアウトを積み重ね、7回5安打6奪三振無失点で後続に託した。

 続く8回裏を吉田凌投手が3者連続三振に抑えると、9点リードの最終9回表は富山凌雅投手がマウンドへ。気迫のこもった投球で北海道日本ハム打線を3者凡退に抑え、9対0で試合終了。

 勝利したオリックスは、山崎福投手が7回無失点の好投で今季8勝目をマーク。打っては紅林選手が球団史上初となる「10代でのシーズン2桁本塁打」を達成するなど、合計13安打9得点の猛攻を見せた。一方の敗れた北海道日本ハムは、先発の河野竜生投手が6回途中8安打3本塁打2四球7奪三振6失点と乱調。打線では近藤健介選手が2安打を放つも、チーム合計5安打無得点に終わった。

  123456789 計
日 000000000 0
オ 20001402X 9

日 ●河野竜生-玉井大翔-西村天裕-鈴木健矢
オ ○山崎福也-吉田凌-富山凌雅

文・高橋優奈

関連リンク

試合の詳細はこちら
山崎福也投手の直近の成績はこちら
【動画】モヤ選手の11号3ラン
【動画】紅林弘太郎選手の10号先制2ラン

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM