小島和哉が今季2度目の完封勝利で10勝目! 千葉ロッテが連敗ストップ

2021.10.3(日) 15:39 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・小島和哉投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・小島和哉投手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月3日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天と千葉ロッテの第23回戦は、2対0で千葉ロッテが勝利。連敗を「4」で止めた。

 初回、千葉ロッテは荻野貴司選手、中村奨吾選手の安打などで1死1、2塁の好機を演出すると、レアード選手が適時二塁打を放ち、先制に成功。さらに佐藤都志也選手の内野ゴロの間に1点を追加し、初回から2点のリードを得る。

 千葉ロッテの先発・小島和哉投手は5回まで東北楽天打線を無安打に抑える好投を披露。5回裏に味方の2失策で1死1、2塁のピンチを迎えるも、ディクソン選手を併殺打に打ち取り、試合の流れは渡さない。

 追加点が欲しい千葉ロッテであるが、再三得点圏に走者を進めるものの、東北楽天の先発・田中将大投手の前にあと一本が出ず、2対0のまま試合は終盤へと向かう。小島投手は6回裏、辰己涼介選手に初安打を許したものの無失点に抑えると、以降もスコアボードに0を並べ続ける。最終回には、山崎剛選手に安打を浴びるも、続く岡島豪郎選手を併殺打に打ち取ると、浅村栄斗選手を空振り三振に封じ、2対0で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、先発・小島投手が9回100球3安打5奪三振無失点の好投で今季10勝目を完封勝利で飾った。打線ではレアード選手が先制打を含む2安打を放ち、勝利に貢献した。一方、敗戦した東北楽天は、先発・田中将投手が9回112球9安打6奪三振2失点の力投も、援護に恵まれず白星はお預けとなった。打線も千葉ロッテの先発・小島投手の前にわずか3安打、無得点に終わった。

  123456789 計
ロ 200000000 2
楽 000000000 0

ロ ○小島和哉
楽 ●田中将大

文・下村琴葉

関連リンク

動画/ヒーローインタビューはこちら
直近4試合で3完投!小島和哉投手をチェック
【動画】レアード選手の先制タイムリー!
2安打を放った荻野貴司選手の名鑑はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM