T-岡田の通算200号となる3ランでオリックスが逆転勝利! 山崎福也は7勝目をマーク

2021.9.28(火) 20:36 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ・T-岡田選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・T-岡田選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月28日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第20回戦は、5対2でオリックスが勝利。首位攻防戦のカード初戦を制した。

 オリックスは3回裏、山口航輝選手に7号ソロを浴びて先制を許したが、直後の4回表に吉田正尚選手、モヤ選手が安打で出塁すると、T-岡田選手が自身通算200号本塁打となる14号3ランをライトスタンドに運び、3対1と逆転に成功した。

 先発・山崎福也投手は初回から2イニングを3者凡退に抑える立ち上がりを見せる。3回裏に本塁打で1点を失った以降は安打を許さず、5回裏には3四球で2死満塁のピンチを背負うも、佐藤都志也選手を空振り三振に封じ、得点を許さない。山崎福投手は5回を投げ終えたところで降板し、オリックスは継投策に入る。

 打線は6回表に紅林弘太郎選手が9号ソロを放ち1点を追加。直後の6回裏に2番手・比嘉幹貴投手が無死3塁からレアード選手の犠飛で1点を失うも、7回表には2死3塁から吉田正尚選手が復帰後初打点となる適時打を放ち、5対2と再びリードを3点差とする。

 以降は7回裏を富山凌雅投手、8回裏をヒギンス投手が無失点でつなぐと、最終回を平野佳寿投手が締めて5対2で試合終了。

 勝利したオリックスは、先発・山崎福投手が5回82球1安打4四球3奪三振1失点の好投で7勝目。吉田正選手は復帰後初安打、初打点をマークし勝利に貢献した。一方、敗れた千葉ロッテは先発・石川歩投手が2本塁打を含む8安打1四球4失点と乱調。打線も2点を追い上げるも序盤の4失点が重く、優勝マジック点灯はお預けとなった。

  123456789 計
オ 000301100 5
ロ 001001000 2

オ ○山崎福也-比嘉幹貴-海田智行-富山凌雅-ヒギンス-S平野佳寿
ロ ●石川歩-ハーマン-東妻勇輔-小野郁

文・下村琴葉

関連リンク

ハイライト動画/ヒーローインタビューはこちら
【動画】T-岡田選手の通算200号となる逆転3ラン
【動画】紅林弘太郎選手の9号ソロ
【動画】復帰後初打点!吉田正尚選手のタイムリー
5回1失点の好投で7勝目を挙げた山崎福也投手をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM