【ファーム】西浦颯大が背番号「00」で現役最後の守備に! 投手陣が粘れずオリックスは敗戦

2021.9.28(火) 16:06 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ・西浦颯大選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・西浦颯大選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月28日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われたオリックスと広島のウエスタン・リーグ公式戦、第24回戦はオリックスが2対6で敗戦した。

 オリックス先発の佐藤一磨投手は、制球に苦しみながらも相手打線を3回まで無安打に抑える投球披露。しかし4回表、失策と安打などで1死満塁のピンチを招くと、メヒア選手の2点適時打、木下元秀選手の犠飛で3失点。なおも2死1、2塁で登板した神戸文也投手が磯村嘉孝選手に4号3ランを浴び、6点のリードを許す展開となった。

 一方の打線は、広島先発の矢崎拓也投手の前に3回まで無安打に終わったが、4回裏に大下誠一郎選手のチーム初安打などで2死満塁の得点機を迎える。ここで、9番・元謙太選手が2点適時二塁打を放ち、点差を4点に縮めた。

 5回以降は飯田優也投手、荒西祐大投手、黒木優太投手が無失点リレーを見せて打線の奮起を待つ。しかし広島の2番手・大道温貴投手を攻略できず試合は終盤戦へ。

 オリックスは9回表、今シーズン限りでの現役引退を表明した西浦颯大選手がセンターの守備位置へ。1球のみでの交代となったが、グラウンド上での最後の雄姿を見せ、両軍から温かい拍手が送られた。打線は9回裏に1死満塁とするが、後が続かず試合終了。先発した佐藤投手が3.2回3安打3四球1奪三振5失点と粘れず、打線も3安打と広島投手陣に抑えられた。

  123456789 計
広 000600000 6
オ 000200000 2

広 矢崎拓也-○大道温貴-藤井黎來-高橋樹也
オ ●佐藤一磨-神戸文也-飯田優也-荒西祐大-黒木優太-前佑囲斗

文・木村圭

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

西浦颯大選手の選手名鑑
【動画】西浦颯大『攻守で躍動まとめ 2018~2020』
ファーム注目シーンを動画で
ウエスタン・リーグ個人打撃成績をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM