【ファーム】先発の武田翔太が4回4失点。接戦に持ち込むも福岡ソフトバンクが敗戦

2021.9.19(日) 17:20 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・武田翔太投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・武田翔太投手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月19日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンク対広島のウエスタン・リーグ公式戦、第25回戦は5対7で福岡ソフトバンクが敗戦。

 福岡ソフトバンクの先発・武田翔太投手は初回、2番・大盛穂選手の安打などで無死満塁のピンチを招くと、4番・メヒア選手の犠飛により先制を許す。続く2回表にも失策絡んで2点を失い、4回表には無死からクロン選手に9号ソロを浴び1失点。4回5安打4失点(自責点3)でマウンドを降りた。

 打線は3回裏、8番・小林珠維選手の安打、1番・明石健志選手の四球で2死1、2塁と好機をつくり、2番・増田珠選手に適時打が生まれて1点を返す。継投に入った投手陣は、2番手・尾形崇斗投手が5回表に押し出し四球で1点を与えるが、6回表は3番手の渡邉雄大投手が無失点に抑えた。

 すると6回裏、打線がつながる。2死から4番・真砂勇介選手が安打で出塁し、すかさず盗塁を決め2塁へ進塁。続く5番・水谷瞬選手の適時打が飛び出すと、6番・高田知季選手も安打でつないで2死1、3塁に。7番・中谷将大選手、小林選手の連続適時打でさらに2点を返し、スコアを4対5とした。

 1点差に詰め寄ったものの、7回表には高橋礼投手が2失点と再びリードを広げられる。3点を追いかける打線は8回裏に暴投の間に1点を挙げ、2点差として9回裏の攻撃へ。9回裏は、2四球で2死1、2塁と好機を得るも、水谷選手が三振に倒れ、5対7で試合終了。

 福岡ソフトバンクは、先発の武田翔太投手が4回78球5安打2奪三振3四死球4失点(自責点3)の内容。初回から苦しい立ち上がりとなり、以降も立て直せなかった。打線は10安打5得点で接戦に持ち込むもあと一歩及ばず、失点が重くのしかかった。

  123456789 計
広 120110200 7
ソ 001003010 5

広 ○野村祐輔-藤井黎來-高橋樹也-コルニエル-田中法彦-S中田廉
ソ ●武田翔太-尾形崇斗-渡邉雄大-高橋礼-田浦文丸-泉圭輔-中道佑哉

文・鈴木優菜

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

反撃のタイムリー!増田珠選手をチェック
走攻守で躍動を見せた真砂勇介選手の選手名鑑はこちら
小林珠維選手の動画/成績をチェック
【動画】育成ルーキーの中道佑哉投手が公式戦初登板!
ファーム注目シーンを動画で

関連チーム記事/TEAM