サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。
  • パ・リーグ トップ
  • ニュース
  • 福岡ソフトバンク・工藤公康監督、自力V再消滅にも強気「逆転のチャンスある」。千賀滉大力投も痛恨敗戦

福岡ソフトバンク・工藤公康監督、自力V再消滅にも強気「逆転のチャンスある」。千賀滉大力投も痛恨敗戦

2021.9.14(火) 22:11 Full-Count 福谷佑介
福岡ソフトバンク・工藤公康監督※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)
福岡ソフトバンク・工藤公康監督※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

千賀は8回に勝ち越し点を奪われるも力投「ナイスピッチングだと」

■千葉ロッテ 3対1 福岡ソフトバンク(14日・PayPayドーム)

 福岡ソフトバンクは14日、本拠地・PayPayドームでの千葉ロッテ戦に1-3で敗れ、再び自力Vの可能性が消滅した。同点で迎えた8回に好投していた千賀がレアードに決勝打を浴びた。3連敗で首位千葉ロッテとの差は7.5ゲームまで広がったが、工藤公康監督は「まだまだ、逆転のチャンスはある」と強気の姿勢を崩さなかった。

 初回、牧原大が先頭打者本塁打を放って幸先良く1点を先制。さらに中村晃、栗原の安打で1死二、三塁とするも、デスパイネが三振。リチャードの四球で満塁としたが、今宮が二飛に倒れて追加点を奪えなかった。これが後々、響いた。

 先発の千賀は序盤から丁寧に、粘り強く投げて千葉ロッテ打線を封じた。4回に角中に適時打を浴びて同点にされたものの、7回まで1失点。だが、続投した8回、2死満塁のピンチを招くと、レアードに二塁への2点適時二塁打。魂の投球を続けていたものの、勝ち越し点を奪われて、天を仰いだ。打線はそのまま反撃できず。9回にはリチャードに長谷川、甲斐に川島と代打起用に出たものの、実らなかった。

 工藤監督は8回3失点だった千賀の投球に対して「気持ちを込めたボールを投げるんだ、ゼロで抑えるんだという意思を感じた。相手も必死にくるわけですから打たれることもあります。ただ、そういう思いを持って投げているというのは、ベンチで見ていても感じたし、ナイスピッチングだと思います」と称えた。

 ただ、エースの力投も実らず、一度は復活していた自力Vの可能性が再消滅。2年連続のリーグ優勝は遠のくばかり。それでも、指揮官は「このゲーム差が届かないかと言えば、全然そんなことはない。まだまだと思っていますし、また明日、明後日戦えれば、全然逆転のチャンスはあるんじゃないかな、と思っている。あとは一丸となって、ファンの人も来て応援してくれているんで、これからがホークスの本当の戦いだと、ファンの皆様に見ていただけるようにやっていきたいと思います」と前を向いていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

記事提供:Full-Count

関連チーム記事/TEAM

  • パ・リーグ トップ
  • ニュース
  • 福岡ソフトバンク・工藤公康監督、自力V再消滅にも強気「逆転のチャンスある」。千賀滉大力投も痛恨敗戦