レアードが勝ち越し2ランなど4打点の活躍! 千葉ロッテが楽天に同一カード3連勝

2021.9.12(日) 19:17 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・レアード選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・レアード選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月12日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと楽天の第21回戦は、9対2で千葉ロッテが勝利。楽天に対して同一カード3連勝とし、2位・オリックスとのゲーム差を「2」に広げた。

 千葉ロッテの先発はドラフト4位ルーキー・河村説人投手。初回、先頭の山崎剛選手、鈴木大地選手の連打などで1死1、3塁のピンチを招くと、4番・島内宏明選手の犠飛で1点を先行される。しかし、以降は走者を出しながらも粘りを見せ、5回5安打無四死球1失点と試合をつくった。

 河村投手の好投に応え、中盤にかけ打線がつながる。3回裏、3番・中村奨吾選手の8号ソロで同点に追い付き、続くマーティン選手も二塁打で出塁。この好機に5番・レアード選手が勝ち越しの23号2ランを放つと、4回裏にも2死満塁からレアード選手の適時打で2点を追加する。さらに5回裏には藤岡裕大選手の適時二塁打で1点を加え、6対1とリードを広げた。

 継投に入った6回表は、ハーマン投手が浅村栄斗選手の11号ソロを浴びて1点を失う。7回表は国吉佑樹投手が連打を浴びるも、後続を打ち取り無失点でつないだ。すると打線は7回裏に荻野貴司選手の2点適時打、8回裏にはエチェバリア選手の犠飛でダメ押し点を追加。7点リードとした9回表は田中靖洋投手が無失点で締め、9対2で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、先発の河村投手が5回5安打1失点の粘投。打線は中村選手の8号ソロで追い付くと、レアード選手が勝ち越し弾含む3安打4打点の活躍で勝利に導いた。一方、敗れた楽天は、先発・石橋良太投手が3回5安打3四死球3失点と試合をつくれず。打線は岡島豪郎選手が4安打を放つなど10安打をマークするも、相手投手陣を攻めきれなかった。

  123456789 計
楽 100001000 2
ロ 00321021X 9

楽 ●石橋良太-西口直人-ブセニッツ-福井優也-津留崎大成-鈴木翔天
ロ ○河村説人-ハーマン-国吉佑樹-東妻勇輔-田中靖洋

文・丹羽海凪

関連リンク

動画/ヒーローインタビューはこちら
【動画】レアード選手の勝ち越しホームラン!
5回1失点の好投で2勝目!河村説人投手をチェック
同点弾含む3安打の活躍 中村奨吾選手の動画はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM