佐々木朗希が自身最長の8回を投げ2安打9奪三振2失点。レアードの一発で千葉ロッテがサヨナラ勝利

2021.9.10(金) 20:20 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月10日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと楽天の第19回戦は、3対2で千葉ロッテが勝利。レアード選手の一発でサヨナラ勝利を決めた。

 千葉ロッテの先発は佐々木朗希投手。初回から4イニング連続で3者凡退に抑える完璧な立ち上がりを披露。5回表に先頭・茂木栄五郎選手の二塁打から内野ゴロの間に1失点、6回表には山崎剛選手の1号ソロで1点を失ったが、7回表から8回表にかけて5者連続三振を奪うなど、8回2失点の好投を見せた。

 打線は2回裏にレアード選手の21号ソロで先制に成功。3回裏には藤岡裕大選手の安打、加藤匠馬選手の犠打で1死2塁から、荻野貴司選手の適時打で2点目を挙げた。しかし以降は楽天先発の田中将大投手を捉えきれず、2対2のまま試合は最終回へ。

 千葉ロッテは9回表を益田直也投手が3者凡退に抑えると、9回裏2死からレアード選手が今試合2本目となる22号ソロを放ち、3対2で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、佐々木朗投手が自身最長の8回を投げ、99球2安打無四死球9奪三振2失点。打線では、レアード選手が2本塁打を含む3安打2打点の活躍を見せた。一方敗れた楽天は、田中投手が8回120球4安打1四球7奪三振2失点の好投。打線は2安打に終わったが、いずれも得点に結びつけた。

  123456789  計
楽 000110000  2
ロ 011000001X 3

楽 田中将大-●酒居知史
ロ 佐々木朗希-○益田直也

文・東海林諒平

関連リンク

動画/ヒーローインタビューはこちら
【動画】佐々木朗希投手の投球をチェック
【動画】レアード選手の21号先制ソロ&22号サヨナラアーチ
【動画】8回2失点の好投を見せた田中将大投手
【動画】山崎剛選手の1号同点ソロをチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM