【ファーム】佐藤都志也、福田光輝、茶谷健太が本塁打! 千葉ロッテが5連勝

2021.9.10(金) 16:12 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・佐藤都志也選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・佐藤都志也選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月10日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと巨人のイースタン・リーグ公式戦第18回戦は、7対4で千葉ロッテが勝利。チームは5連勝を飾った。

 千葉ロッテは2回表、先発の岩下大輝投手が秋広優人選手の7号ソロで先制を許す。直後の2回裏に、佐藤都志也選手の5号ソロで追い付くも、3回表に1死2、3塁から石川慎吾選手の2点適時二塁打、4回表には内野ゴロの間に1点を失い、リードを広げられた。

 打線は5回裏に福田光輝選手の2号ソロで1点返し、さらに安打と四球などで1死2、3塁のチャンスを作るも、後続が倒れ得点とはならず。6回裏にも連打で2死1、2塁としたが、山本大斗選手が三振に倒れ、ここも無得点に。

 5回表からは無失点に抑えてきた岩下投手だったが、7回表に連打で無死1、2塁のピンチを迎えると、石川選手を三振に切ったところで降板。代わった山本大貴投手が後続を抑え、このピンチを脱すると、7回裏に西巻賢二選手と平沢大河選手の連続適時二塁打で同点に。なおも1死3塁から、内野ゴロの間に勝ち越し、8回裏には茶谷健太選手の1号2ランでリードを3点に広げた。

 9回表は小沼健太投手が連打で無死1、2塁とされたが、無失点に抑え試合終了。勝利した千葉ロッテは山本大貴投手が今季ファーム初勝利を挙げた。一方の打線は、福田選手と佐藤選手が本塁打を含む2安打1打点、茶谷選手も本塁打を含む2安打2打点の活躍を見せた。

  123456789 計
巨 012100000 4
ロ 01001032X 7

巨 戸田懐生-谷岡竜平-●大竹寛-平内龍太
ロ 岩下大輝-○山本大貴-S小沼健太

文・成田理亮

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

ファーム注目シーンを動画で
【動画】佐藤都志也選手の5号同点ソロ
【動画】福田光輝選手の2号ソロ
イースタン・リーグ個人打撃成績をチェック
イースタン・リーグ個人投手成績はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM