【ファーム】西巻賢二のサヨナラ犠飛で千葉ロッテが4連勝! 山本大斗は起死回生の同点打

2021.9.8(水) 17:00 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・西巻賢二選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・西巻賢二選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月8日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦第12回戦は、5対4で千葉ロッテがサヨナラ勝利を収めた。

 千葉ロッテの先発・土肥星也投手は初回、4番・太田賢吾選手の適時三塁打で1点の先制を許すと、4回表には、7番・松本直樹選手の適時打で1点を献上。なおも無死満塁の場面で、9番・長岡秀樹選手にも適時打を許すなど、この回一挙3点を失い、4回8安打1四球4失点でマウンドを降りた。

 一方の打線は、相手先発・木澤尚文投手の前に、初回から3回まで毎回走者を出しながらも、あと一本が出ず、苦しい展開が続く。しかし4回裏、連打などで1死1、3塁の好機を得ると、3塁走者・菅野剛士選手のホームスチールで1点を返し、スコアを1対4とする。

 3点差で迎えた5回表、6回表は、2番手・古谷拓郎投手が走者を背負いながらも粘りの投球を見せると、7回表は3番手・石崎剛投手が1死1、2塁のピンチをなんとか切り抜け、無失点でつなぐ。すると7回裏、1死から2番・平沢大河選手に7号ソロが生まれ、2点差に。8回表は、フローレス投手が好投を披露すると、9回表は土居豪人投手が無失点でつなぎ、千葉ロッテが2点を追う形で試合は最終回へ。

 迎えた最終9回裏、代打・高部瑛斗選手の安打や四球で無死1、2塁とすると、1番・山本大斗選手の起死回生の同点打で、スコアを4対4とする。なおも1死2、3塁の好機で、西巻賢二選手がサヨナラ犠飛を放ち、5対4で勝利。

 勝利した千葉ロッテは先発・土肥投手が、4回8安打5奪三振1四球4失点と粘りきれず。しかし、後を受けた救援陣が無失点でつなぎ、勝利を引き寄せた。打線も、終盤に奮起し、連勝を「4」に伸ばした。

  123456789  計
ヤ 100300000  4
ロ 000100103X 5

ヤ 木澤尚文-小澤怜史-丸山翔大-梅野雄吾-●杉山晃基
ロ 土肥星也-古谷拓郎-石崎剛-フローレス-○土居豪人

文・後藤万結子

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

本日本塁打!平沢大河選手の直近の成績をチェック
起死回生の同点打を放った山本大斗選手の特集動画はこちら
サヨナラ犠飛!西巻賢二選手の動画/記事/成績をチェック
土肥星也投手名鑑

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM