小深田大翔が3安打2打点の活躍。楽天とオリックスの首位攻防戦は引き分けに

2021.8.25(水) 21:41 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・小深田大翔選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・小深田大翔選手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月25日、楽天生命パーク宮城で行われた2位・楽天と1位・オリックスの第15回戦は、2対2で引き分けに終わった。

 楽天は初回、小深田大翔選手の3号先頭打者本塁打で先制に成功。4回裏にはオコエ瑠偉選手の安打などで1死1、2塁から、小深田選手の適時打で1点を追加した。

 援護を受けた先発の早川隆久投手は、2回表に杉本裕太郎選手の20号ソロで1点を返されたが、以降は5回まで得点を許さない。しかし6回表、宗佑磨選手の安打や自身の失策でピンチを招くと、吉田正尚選手の内野ゴロで1失点を喫し、試合は振り出しに戻った。

 以降は6回途中から7回までを安樂智大投手、8回表を酒居知史投手、9回表を宋家豪投手が無失点でつなぐ。一方の打線は5回以降1安打に終わり、2対2で試合終了。

 楽天は、早川投手が5.1回6安打無四死球4奪三振2失点で降板。「打たれている球も高かったですけど、投球内容というよりはそれ以外の部分ですね。それ以外の部分のミスが自分の首を絞めてしまいました。そういうところをもう一度やり直さないといけないですね」と反省を口にした。打線では小深田選手が3安打2打点と躍動している。

 一方のオリックスは、先発の田嶋大樹投手が6回4安打5四死球5奪三振2失点と課題が残る登板に。打線では宗選手、杉本選手が2安打をマークした。

  123456789 計
オ 010001000 2
楽 100100000 2

オ 田嶋大樹-富山凌雅-ヒギンス-平野佳寿
楽 早川隆久-安樂智大-酒居知史-宋家豪

文・東海林諒平

◇パーソル パ・リーグTV無料視聴キャンペーン実施中!8月31日までパ主催試合が見放題!
https://tv.pacificleague.jp/page/service/

関連リンク

「パーソル パ・リーグTV」無料視聴キャンペーンの登録はこちら
動画/スコアはこちら
小深田大翔選手の名鑑をチェック
杉本裕太郎選手のホームランを動画で
宗佑磨選手の成績はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM