【ファーム】上林誠知とリチャードが本塁打を放つも、福岡ソフトバンクが阪神に敗戦

2021.8.20(金) 21:55 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・上林誠知選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・上林誠知選手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月20日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンク対阪神のウエスタン・リーグ公式戦、第24回戦は、2対5で福岡ソフトバンクが敗れた。

 福岡ソフトバンクは初回、今試合が復帰戦となった上林誠知選手が右中間へ第4号ソロを放ち、幸先よく先制に成功する。

 援護をもらった先発・大竹耕太郎投手は、2回表に連打などで2死満塁のピンチを招くが、後続を見逃し三振に打ち取り、無失点でしのぐ。しかし4回表、安打や四球などで1死2、3塁とすると、続く高山俊選手に2点適時打を浴び逆転を許してしまう。

 直後の4回裏に、リチャード選手に第11号ソロが飛び出し、すぐさま同点とするも、5回表には四球や失策などで2死3塁とし、陽川尚将選手の適時打で再びリードを許す。さらに8回表には遠藤成選手、榮枝裕貴選手の適時打で2点を失い、福岡ソフトバンクが3点を追う形で試合は終盤へ向かう。

 なんとか追いつきたい打線であったが、8回裏、9回裏ともに、阪神の投手陣を打ち崩すことができずに試合終了。2対5で敗れた福岡ソフトバンクは、先発・大竹投手が5回7安打5奪三振2四球3失点(自責点2)の内容。一方の打線は上林選手、リチャード選手に本塁打が生まれたが、阪神投手陣の前にあと一本が出なかった。

  123456789 計
阪 000210020 5
ソ 100100000 2

阪 ○村上頌樹-S浜地真澄
ソ ●大竹耕太郎-田浦文丸-椎野新-泉圭輔‐渡邉雄大‐重田倫明

文・鈴木竜雅

◇パーソル パ・リーグTV無料視聴キャンペーン実施中!8月31日までパ主催試合が見放題!
https://tv.pacificleague.jp/page/service/

関連リンク

「パーソル パ・リーグTV」無料視聴キャンペーンの登録はこちら
復帰戦で本塁打を放った上林誠知選手の特集動画はこちら
リチャード選手の名鑑をチェック
ウエスタン・リーグ個人打撃成績をチェック
ウエスタン・リーグ個人投手成績はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM