【ファーム】打線つながらず楽天が敗北。横尾俊建が5号ソロ、王彦程が3三振の好救援

2021.8.18(水) 16:04 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・横尾俊建選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・横尾俊建選手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月18日、ウェルファムフーズ森林どり泉スタジアムで行われた、楽天と東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦第17回戦は、楽天が2対4で敗れた。

 楽天打線は3回裏、先頭の7番・入江大樹選手が安打で出塁すると、犠打で2塁へ進塁。ここで9番・武藤敦貴選手が適時打を放ち先制に成功する。

 楽天の先発はドラフト3位ルーキーの藤井聖投手。初回、安打と四球でピンチを招くが、後続を打ち取り無失点に抑える立ち上がり。2回以降は走者を出しながらも粘り強い投球を続けたが、4回表に2死1、2塁としたところで降板。後を受けた藤平尚真投手が、3四死球を与えて逆転を許した。

 5回表からは王彦程投手が登板。1イニングを3者連続三振に仕留める好リリーフを見せる。6回表は菅原秀投手が2死1、3塁のピンチを招くと、暴投で失点。7回表にマウンドに上がった寺岡寛治投手も3安打を浴びて1失点を喫し、リードを3点に広げられた。

 追い付きたい打線は、7回裏に1死から5番・横尾俊建選手の5号ソロで1点を返すが反撃はここまで。9回裏は先頭の下水流昂選手が安打で出塁したが、無得点に終わった。敗れた楽天は、救援陣が粘り切れず。打線は渡邊佳明選手と武藤選手が2安打を放つ活躍を見せたが、チャンスであと一本が出なかった。

  123456789 計
ヤ 000201100 4
楽 001000100 2

ヤ ○スアレス-市川悠太-星知弥-宮台康平-S杉山晃基
楽 ●藤井聖-藤平尚真-王彦程-菅原秀-寺岡寛治-弓削隼人-森雄大

文・木村圭

◇パーソル パ・リーグTV無料視聴キャンペーン実施中!8月31日までパ主催試合が見放題!
https://tv.pacificleague.jp/page/service/

関連リンク

「パーソル パ・リーグTV」無料視聴キャンペーンの登録はこちら
入江大樹選手の公式戦初安打を動画でチェック
5号ソロを放った横尾俊建選手の名鑑

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM