渡邉勇太朗がプロ初先発初白星をマーク! 森友哉が4打点など打線が爆発した埼玉西武が大勝

2021.8.15(日) 20:13 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・渡邉勇太朗投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・渡邉勇太朗投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月15日、メットライフドームで行われた埼玉西武と楽天の第15回戦は、10対2で埼玉西武が勝利。カード3連敗を阻止し、後半戦初白星を挙げた。

 埼玉西武は初回、先頭の外崎修汰選手の二塁打を皮切りに1死3塁の好機を作ると、森友哉選手の内野ゴロの間にまず1点を先制。2回裏には愛斗選手に適時三塁打、岸潤一郎選手に適時打が生まれ3点を追加した。なおも好機が続くと、森選手の適時二塁打でこの回一挙5得点。楽天の先発・涌井秀章投手を攻め、序盤から6点のリードを得る。

 大量援護をもらった先発・渡邉勇太朗投手は、自身プロ初先発のマウンド。立ち上がりは3者凡退で抑える上々の滑り出しを見せる。勝ち投手の権利がかかった5回表は、2連打を浴び無死1、2塁のピンチを招く。しかし「一番自信のあるインコースのカットボールを投げたくて、そういうサインを出してもらった」と、5学年上の森選手のサインに対して4回首を振り、辰己涼介選手を打ち取る強気な一面も見せ、ピンチを切り抜けた。

 若手の力投を前に打線も攻撃の手を緩めない。5回裏には敵失も絡み1点を追加すると、6回裏は源田壮亮選手に適時三塁打、森選手に今試合2本目の適時打が生まれ、この回までに2桁10得点に到達。中盤までで大勢が決まったこの試合は、平良海馬投手が締めて10対2で試合終了した。

 大勝でカード3連敗を阻止した埼玉西武は、渡邉勇投手がプロ初先発のマウンドで初勝利をマーク。5回76球4安打1四球3奪三振の投球内容に、「今日の出来には自分としては合格点をあげてもいいかなと思う」と手応えを口にした。打線では源田選手、愛斗選手が2打点、森選手が4打点。外崎選手は猛打賞の活躍を見せている。一方敗れた楽天は先発の涌井投手が2回6安打6失点と誤算。3番手の高田萌生投手も2回4失点など投手陣が締まらず、後半戦初黒星を喫した。

  123456789 計
楽 000010001 2
西 15001300X 10

楽 ●涌井秀章-西口直人-高田萌生-牧田和久-ブセニッツ
西 ○渡邉勇太朗-森脇亮介-増田達至-水上由伸-平良海馬

文・小野寺穂高

◇パーソル パ・リーグTV無料視聴キャンペーン実施中!8月31日までパ主催試合が見放題!
https://tv.pacificleague.jp/page/service/

関連リンク

「パーソル パ・リーグTV」無料視聴キャンペーンの登録はこちら
詳細スコアはこちら
プロ初先発・初勝利! 渡邉勇太朗投手の選手名鑑はこちら
4打点の活躍を見せた森友哉選手を動画でチェック
本日猛打賞の外崎修汰選手の動画/記事/成績をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM