【ファーム】先発・山崎颯一郎が4回1失点の粘投見せるも、オリックスが逆転負け

2021.8.10(火) 16:30 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 山崎颯一郎投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山崎颯一郎投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月10日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われたオリックスと広島のウエスタン・リーグ公式戦、第19回戦は2対3でオリックスが敗れた。

 オリックスの先発・山崎颯一郎投手は2回表、四球と自らの失策で2死3塁のピンチを招くと、堂林翔太選手に適時二塁打を浴び先制を許してしまう。しかし打線はその裏、勝俣翔貴選手の四球、元謙太選手の安打で2死1、2塁の好機をつくると、続く廣澤伸哉選手が2点適時二塁打を放ち逆転に成功。すぐさまオリックスがリードを奪った。

 援護をもらった山崎颯投手は、走者を背負いながらも3、4回を無失点に抑え、4回3安打5奪三振4四球1失点で降板。5回から継投策をとったオリックスは、5回表を荒西祐大投手が、6回表を海田智行投手が無失点に抑える。

 1点差を守っていた投手陣だったが、7回表に黒木優太投手が宇草孔基選手に適時二塁打を浴び同点とされてしまう。さらに8回表には金田和之投手が登板するも、2死2塁の場面から曽根海成選手が放った打球を廣澤伸哉選手が後逸する間に1点を失い、逆転を許した。

 反撃したい打線であったが、8、9回と3者凡退に終わり2対3で試合終了。敗れたオリックスは序盤にリードを奪ったものの、中盤以降は追加点を奪えず。1点差のまま終盤を迎え、救援陣が踏ん張り切れなかった。

  123456789 計
広 010000110 3
オ 020000000 2

広 山口翔-藤井黎來-今村猛-○中崎翔太‐菊池保則‐S塹江敦哉
オ 山崎颯一郎-荒西祐大-海田智行‐黒木優太‐●金田和之-村西良太

文・鈴木竜雅

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

山崎颯一郎投手の名鑑はこちら
廣澤伸哉選手の一時逆転タイムリーの動画をチェック!
勝俣翔貴選手のファインプレーの動画はこちら

関連チーム記事/TEAM