【ファーム】梅林優貴の決勝弾で北海道日本ハムが逆転勝利。斎藤佑樹は今季2勝目をマーク

2021.8.5(木) 17:02 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・梅林優貴選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・梅林優貴選手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月5日、ファイターズ鎌ヶ谷スタジアムで行われた北海道日本ハムと埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦第16回戦は、8対6で北海道日本ハムが逆転勝利を収め、連勝を「4」に伸ばした。

 北海道日本ハムは初回、片岡奨人選手と野村佑希選手の安打などで無死満塁と好機を演出。ここで打席に入った清宮幸太郎選手、谷口雄也選手が連続三振に倒れ、チャンスを逃したかに思われたが、バッテリーエラーの間に3塁走者が生還し、1点を先制した。

 初回から援護を受けた、先発・柿木蓮投手は2回表、安打や四球などで2死1、3塁とされると、味方失策の間に1点を失う。4回表からは2番手・田中瑛斗投手がマウンドに上がるも、先頭の高木渉選手に一発を浴び、勝ち越しを許した。

 7回表は、3番手・斎藤佑樹投手が一発を浴びて点差を2点に広げられるが、直後の7回裏に打線が反撃。難波侑平選手の安打や、四死球などで1死満塁とすると、押し出しや古川裕大選手の2点適時打で逆転に成功する。なおも2死2、3塁の好機で、清宮幸太郎選手にも2点適時打が生まれ、この回一挙5得点。好機を逃さずたたみかけ、終盤に試合をひっくり返した。

 さらに8回裏には、梅林優貴選手の2号2ランで追加点を挙げると、9回表には谷川昌希投手が登板。適時打と犠飛で3点を失ったが、リードは守り切り8対6で試合終了。終盤に猛攻を見せた北海道日本ハムが逆転勝利を収めた。3番手の斎藤佑樹投手が2回1失点ながら今季2勝目を記録している。一方の敗れた埼玉西武は、2本塁打などでリードを奪っていたものの、救援陣が相手打線の勢いを止めることができなかった。

  123456789 計
西 010100103 6
日 10000052X 8

西 渡邉勇太朗-井上広輝-●佐野泰雄-宮川哲-出井敏博
日 柿木蓮-田中瑛斗-○斎藤佑樹-鈴木遼太郎-谷川昌希

文・吉村穂乃香

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

今季2勝目!斎藤佑樹投手の動画/記事/成績をチェック
決勝弾を放った梅林優貴選手の特集動画をチェック
イースタン・リーグ個人打撃成績をチェック
イースタン・リーグ個人投手成績はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM