サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。
  • パ・リーグ トップ
  • ニュース
  • 岸潤一郎〜花も実もある異色の経歴を持つ“甲子園の申し子”〜(埼玉西武ライオンズ)【インサイト的選手名鑑】

岸潤一郎〜花も実もある異色の経歴を持つ“甲子園の申し子”〜(埼玉西武ライオンズ)【インサイト的選手名鑑】

2021.7.26(月) 11:30 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・岸潤一郎選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・岸潤一郎選手(C)パーソル パ・リーグTV

岸潤一郎(きし・じゅんいちろう)/外野手

#68/1996年12月8日生まれ
174cm・82kg/右投右打


 高知・明徳義塾高校、拓殖大学、四国ILplus・徳島インディゴソックスを経て2019年ドラフト8位で埼玉西武に入団。投手出身の強肩とセンス抜群の打撃、そして俊足の三拍子そろった外野手だ。

 高校時代は“甲子園の申し子”と称され、4度の甲子園を経験する。プロ志望届を提出せずに拓殖大学に進学したが、故障にも見舞われて中退。2017年、四国アイランドリーグplusのトライアウトに合格し、徳島インディゴソックスに入団と異色ともいえる道を歩んできた。

 四国アイランドリーグplusでは1年目から持ち前の俊足を生かし、38盗塁で最多盗塁のタイトルを獲得。同年に外野手として、2年目の2019年には遊撃手としてベストナインに輝き、存在感を発揮する。大学中退後に独立リーグに入団したため1年目はドラフトの指名対象外となったが、2019年のドラフト会議本指名で最後に名前を呼ばれ、夢のNPB入りを現実のものにした。

 ルーキーイヤーの2020年は開幕二軍でスタートし、7月5日に初昇格、初出場を果たす。プロ初ヒットは翌年以降に持ち越しとなったが、5試合に出場。二軍では高橋朋己投手の引退試合となった10月30日の試合でサヨナラタイムリーを放つなど、54試合に出場し打率.253、4本塁打、21打点、4盗塁をマークした。

 2021年は開幕を一軍で迎えるも4月に登録抹消され、ファームでも思うような結果が出ず。しかし「特例2021」の代替選手として5月28日に昇格し、6月1日の巨人戦でスタメンに入る。この試合で終盤7回にプロ初安打となるソロホームランを放つと、次の試合では1番に抜てきされ、2安打をマーク。その後も2本の先頭打者本塁打など、印象的な活躍で一気に定位置争いへ名乗りを上げた。後半戦もチームに貢献し、不動のレギュラーを勝ち取りたい。

【2020年一軍成績】
5試合 3打席0安打0本塁打0打点 打率.000 出塁率.333 OPS.333


文・岡絃哉

岸選手をもっとよく知るために。パ・リーグ インサイトの過去の記事

森友哉の同点弾で埼玉西武対巨人は引き分け。岸潤一郎はプロ初安打・初アーチをマーク
2年目の2021年6月1日、7番・センターでスタメンに入った岸選手。7回表にプロ初安打となるソロホームランを放つと、先頭で迎えた9回表には安打で出塁して同点劇を呼び込んだ。

☆岸潤一郎選手の動画はこちらから!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM

  • パ・リーグ トップ
  • ニュース
  • 岸潤一郎〜花も実もある異色の経歴を持つ“甲子園の申し子”〜(埼玉西武ライオンズ)【インサイト的選手名鑑】