サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

【ファーム】リチャードが2本塁打5打点の大暴れ! 12得点と打線爆発の鷹が快勝

2021.7.25(日) 16:58 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・リチャード選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・リチャード選手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月25日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われたオリックスと福岡ソフトバンクのウエスタン・リーグ公式戦第22回戦は、12対3で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは初回、4番・リチャード選手の9号2ランで先制に成功。2回表には、9番・海野隆司選手に適時打が生まれ、来日初登板のオリックス・スパークマン投手から3点を奪う。さらに5回表にはリチャード選手がこの日2発目となる10号3ランを放つと、6回表には周東佑京選手、増田珠選手、デスパイネ選手にも適時打が飛び出し、スコアは9対0となった。

 8回表には途中出場・水谷瞬選手の2点適時三塁打などで3点を追加した福岡ソフトバンク。投手陣は6回裏、8回裏にそれぞれ1失点も、大差は変わらず。最終9回裏は椎野新投手が1点を失いながら12対3とリードは保ち、試合終了。

 福岡ソフトバンクは、14安打12得点と打線が活発。なかでもリチャード選手が2本塁打5打点と大暴れの活躍だった。先発・泉圭輔投手は3回3安打2奪三振1四球無失点の内容。一方オリックスは、来日初登板の先発・スパークマン投手が2回3失点、4番手・榊原翼投手が2イニングで6失点など投手陣が崩れた。

  123456789 計
ソ 210033030 12
オ 000001011 3

ソ 泉圭輔-○大関友久-松本裕樹-高橋純平-椎野新
オ ●スパークマン-鈴木優-飯田優也-榊原翼-吉田一将-黒木優太-金田和之

文・岩井惇

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

ファーム注目シーン
2本塁打5打点の活躍!リチャード選手の動画をチェック
本日先発で3回無失点。泉圭輔投手の名鑑はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM