サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

【ファーム】石橋良太が7回1失点の好投で楽天が6連勝! 渡邊佳明は3安打の活躍

2021.7.23(金) 16:17 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・石橋良太投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・石橋良太投手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月23日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと楽天のイースタン・リーグ公式戦第15回戦は、6対1で楽天が勝利した。

 序盤は両者譲らぬ投手戦となる。千葉ロッテの先発・本前郁也投手は、初回に安打を許すが、後続をきっちり打ち取る立ち上がり。走者を出しながらも、要所を締める投球を披露する。一方、楽天の先発・石橋良太投手も無失点ピッチングを続け、4回までスコアに0が並んだ。

 しかし、5回表に均衡が破れる。楽天は2安打と四球で2死満塁の好機をつくると、1番・渡邊佳明選手が適時打を放ち、先制に成功。さらに続く堀内謙伍選手に2点適時打、横尾俊建選手にも2点適時二塁打が生まれ、この回一挙5点を奪った。

 大量援護をもらった石橋良太投手は6回裏、1番・和田康士朗選手の長打と死球などで1死1、3塁のピンチを招く。4番・安田尚憲選手の犠飛で1点を返されたが、それ以外は得点を許さず、7回4安打1失点の好投でマウンドを後に託した。

 楽天は7回表にも内田靖人選手の適時打で1点を加え、8回裏は寺岡寛治投手が走者を背負いながらも無失点で抑える。最終回は内間拓馬投手が2死1、2塁のピンチを切り抜け、6対1で試合終了。
 
 勝利した楽天は、先発した石橋良太投手が7回99球、4安打3四死球3奪三振1失点で今季初勝利。打っては渡邊佳選手が3安打1打点、横尾選手が2安打2打点の活躍で6連勝を飾った。敗れた千葉ロッテの先発・本前投手は、5回8安打1四球2奪三振5失点の内容。序盤は好投を披露していただけに、大量失点したイニングが悔やまれる結果となった。

  123456789 計
楽 000050100 6
ロ 000001000 1

楽 ○石橋良太-寺岡寛治-内間拓馬
ロ ●本前郁也-東妻勇輔-大嶺祐太-東條大樹-南昌輝

文・岡絃哉

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

石橋良太投手名鑑
渡邊佳明選手の動画/記事/成績をチェック
ファーム注目シーンはこちらから

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM