• TOP
  • ニュース
  • 【ファーム】佐野皓大がサヨナラタイムリー! オリックスが終盤の点の取り合いを制する

【ファーム】佐野皓大がサヨナラタイムリー! オリックスが終盤の点の取り合いを制する

2021.7.6(火) 16:16 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 佐野皓大選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 佐野皓大選手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月6日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われたオリックスと広島のウエスタン・リーグ公式戦、第15回戦は4対3でオリックスが勝利した。

 オリックスの先発・竹安大知投手は初回先頭から四球を出すなど毎回走者を背負いながら、後続をきっちり打ち取り無失点投球を続ける。しかし打線も広島の先発・薮田和樹投手の前に6回までわずか2安打。両軍決め手を欠いて無得点のまま、試合は終盤に突入した。

 0対0で迎えた7回表、竹安投手は1死から四球と安打で1、2塁のピンチを招くと、二俣翔一選手の適時打で1点を先制される。なおも1死満塁として竹安投手は降板。2番手の齋藤綱記投手は押し出し四球で追加点を与えるも、続く打者は併殺に打ち取り最少失点でつないだ。

 すると打線は直後の7回裏、西村凌選手、佐野如一選手の連打などで無死満塁と好機を得る。ここで8番・フェリペ選手が適時打を放ち1点を返すと、1死から1番・佐野皓大選手の犠飛が生まれ同点に。さらに8回裏には先頭の3番・来田涼斗選手が安打で出塁して1死2塁の形をつくると、宜保選手のセンター前安打で一気に生還。オリックスが勝ち越しに成功した。

 9回表に吉田凌投手が同点とされるも、続く9回裏に先頭のフェリペ選手が振り逃げで出塁。相手投手の暴投などで1死2塁としたところで佐野皓選手が適時二塁打を放ち、4対3でゲームセット。サヨナラ勝利を収めたオリックスは、先発・竹安投手が7回途中9安打3四死球2失点。打線は佐野皓選手がサヨナラの適時二塁打含む2打点をマークし、来田選手、宜保選手はマルチ安打の活躍を見せた。

  123456789  計
広 000000201  3
オ 000000211X 4

広 薮田和樹-今村猛-一岡竜司-●塹江敦哉
オ 竹安大知-齋藤綱記-吉田一将-○吉田凌

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

試合の注目シーンはこちら
サヨナラタイムリー!佐野皓大選手をチェック
2安打の活躍を見せた宜保翔選手の動画はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM

  • TOP
  • ニュース
  • 【ファーム】佐野皓大がサヨナラタイムリー! オリックスが終盤の点の取り合いを制する