プロ5年目・西口直人が初勝利! 楽天が福岡ソフトバンクに競り勝ち首位タイに浮上

2021.6.26(土) 17:50 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・西口直人投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・西口直人投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月26日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と福岡ソフトバンクの第10回戦は、3対2で楽天が勝利。連勝を「3」に伸ばし、首位オリックスに並んだ。

 楽天は、ドラフト2位ルーキー・高田孝一投手が一軍初先発を果たすも、初回に四球で走者を背負うと、味方の失策も絡んで1点を失う。さらに、2死から真砂勇介選手に頭部死球を与え、危険球退場となり、急きょ、西口直人投手がマウンドに上がった。しかし、西口投手は緊急登板を物ともせず、打者7人を連続で打ち取りリズムをつくる。4回表には、栗原陵矢選手に9号ソロを許すも、大きく崩れることなく4.1回1安打1四球1失点でマウンドを降りた。

 打線は初回、1番・小深田大翔選手の安打や四死球などで2死満塁とすると、茂木栄五郎選手の適時三塁打で3点を奪い、逆転に成功。打った茂木選手は「満塁3-0カウントから四球を出したくない相手も苦しい状況で何とかバットに当てて食らいつきました」と笑顔で振り返った。しかしその後は、相手先発・マルティネス投手対して好機を作りながらも、追加点を挙げることができず、1点リードで試合は終盤へ。

 6回表は安樂智大投手が1イニングを無失点に抑えると、7回表は酒居知史投手、8回表は宋家豪投手が無失点でつなぐ。1点差で迎えた9回表は、松井裕樹投手が2死1、3塁のピンチを招くも、最後は中村晃選手から空振り三振を奪って試合終了。楽天が3対2で接戦を制した。

 勝利した楽天は、先発・高田投手がわずか16球で危険球退場も、2番手・西口投手が4.1回1安打4奪三振1四球1失点と好救援を見せ、プロ初勝利を手にした。一方、敗れた福岡ソフトバンクは、先発・マルティネス投手が6回5安打3失点と試合をつくったが、打線が援護できなかった。

  123456789 計
ソ 100100000 2
楽 30000000X 3

ソ ●マルティネス-嘉弥真新也-板東湧梧-津森宥紀
楽 高田孝一-○西口直人-安樂智大-酒居知史-宋家豪-S松井裕樹

文・吉村穂乃香

関連リンク

ハイライト動画/ヒーローインタビューはこちら
本日逆転打!茂木栄五郎選手の特集動画はこちら
プロ初勝利!
西口直人投手の選手名鑑をチェック

マルティネス投手の直近の成績はこちら
本日本塁打!栗原陵矢選手の動画/記事/成績をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM