• TOP
  • ニュース
  • 力と技を兼ね備えた「世紀末覇者」。杉本裕太郎の覚醒の理由にデータで迫る

力と技を兼ね備えた「世紀末覇者」。杉本裕太郎の覚醒の理由にデータで迫る

2021.6.12(土) 09:00 パ・リーグ インサイト 望月遼太
(C)パーソル パ・リーグTV
(C)パーソル パ・リーグTV

プロ6年目・30歳のシーズン、4番を務めるまでに急成長

 有名漫画になぞらえた「ラオウ」の愛称で親しまれる強打者が、いよいよ覚醒の時を迎えた。オリックスの杉本裕太郎選手が持ち前のパワーを生かした豪打を武器に、レギュラー定着。現在、リーグ3位タイとなる12本塁打を記録しており、6月11日の広島戦では、値千金の2点適時打を放ち好投の山本由伸投手を助け、連夜のお立ち台に。主砲として実に頼もしい活躍を見せている。

 プロ6年目、30歳を迎えたシーズンでついに主力の座を掴んだ杉本選手だが、そのバッティングは昨季までと比べて、どのように変化しているのだろうか。今回は、そんな杉本選手の経歴や長所を紹介するとともに、これまでプロで記録した全本塁打の、投球コース・球種・打球方向といった要素を確認。具体的なデータをもとに、杉本選手の進化の理由に迫っていきたい。(成績は6月9日時点)

中嶋聡監督の昇格が、杉本選手にとっても大きな転機に

 まず、杉本選手がこれまで一軍で残してきた各種の成績を見ていきたい。

(C)パ・リーグ インサイト
(C)パ・リーグ インサイト

 杉本選手は徳島商業高校、青山学院大学、JR西日本を経て、2015年のドラフト10位でオリックスに入団。指名順位こそ高くはなかったものの、190cm・104kgという恵まれた体格を生かした豪快な打撃は大きな期待されていた。2017年にはプロ初安打を初回先頭打者本塁打で飾り、2018年には2試合連続で満塁本塁打を放つなど、一軍でもたびたび印象的な活躍を見せていた。

 2018年終了時点で、一軍で記録した5本の安打が全て長打という驚きの成績に。その一方で打率は低く、プロ入りからしばらくは、当たれば飛ぶが確実性に欠ける部分も目立っていた。その影響もあって2019年までは一軍定着を果たせず、いわば「未完の大器」となりつつあった。

 しかし、2019年途中から中嶋聡二軍監督(当時)が一軍の監督代行に昇格したことが、杉本選手にとっても転機となった。二軍で指導を受けていた中嶋監督の就任後に一軍で重用されるようになると、課題だった確実性にも改善がみられるように。同年は本塁打こそ2本にとどまったものの、打率や安打といた各種の数字は、過去5年間における自己最多の数字を記録した。

 そして、2021年は元来の持ち味だった長打力も復活し、先述の通りにすばらしい活躍を披露。昨季に引き続いて高い出塁率を記録しているだけでなく、長打率も.500を超える高水準で推移。各種指標の面でも、主軸の座に相応しい成績を記録している。

2020年の課題だったハイボールへの打率が、2021年は大きく向上

 次に、2020年と2021年の2シーズンにおける、コース別の打率を見ていきたい。

(C)パ・リーグ インサイト
(C)パ・リーグ インサイト

 2020年は高さが真ん中の球に対しては強さを発揮したものの、ストライクゾーン高めの球に対しては3つのコース全てで打率.143と、明確に苦手としていたことがわかる。2021年も内角高めの球に対しては打率.000と引き続き苦戦しているが、その他の高めの球に対しては、ボールゾーンも含めた全てのコースで打率.333以上を記録。昨季見えた課題を、しっかりと克服しつつある。

 その一方で、2020年は高め以外の内角のストライクゾーンは2カ所とも打率.500以上と、インコースを得意とする傾向にあった。今季は前年に得意とした内角低めに対する打率は大きく下がっているが、外角のボールに対しては、ボールゾーンに落ちる球も含めて、いずれも一定以上の数字を記録している。

 それに加えて、アウトコースのボール球に対しては、コースの高低を問わずに優れた打率を記録している。こうした傾向から、長いリーチを生かしてボールコースの遠い球でも安打にできるという、新たな特色を獲得しつつあることが見えてくる。前年は苦手としていた低めのボール球への対応力も向上し、より打ち取りづらい打者となっている。

速い変化球への対応力に加え、速球そのものにも強くなりつつある

 続けて、杉本選手の2020年と2021年における、球種別の打率も紹介したい。

(C)パ・リーグ インサイト
(C)パ・リーグ インサイト

 シュート、シンカー、ツーシームといった速い変化球には2年続けて好成績を残しており、概ね得意としていることがわかる。それに加えて、今季はストレートに対しても打率.333と、高い確率で安打にできるように。2年続けてある程度の打率を維持するカットボールも含め、速い球への対応力は総じて高いと考えられる。

 また、昨季は苦手としたカーブやスライダーに対しても、今季はそれぞれ一定以上の数字を記録。一方でフォークとチェンジアップの2球種は打率を落としているが、苦戦していた球種を克服しつつある点は、杉本選手の対応力や向上心の高さを示しているとも考えられる。また、2年続けて打率が極端に悪く、継続して課題となり続けている球種が1つも存在しないことは、それだけ弱点が少ないということにもなるだろう。

引っ張っての本塁打が増えた一方で、長距離砲としての引き出しも増加している

 ここからは、杉本選手の大きな魅力でもある、豪快な本塁打について見ていきたい。まず、杉本選手がこれまで一軍で記録した21本のホームランを、2020年までと2021年に分けたうえで、投球コース別の本数を見ていきたい。

(C)パ・リーグ インサイト
(C)パ・リーグ インサイト

 2020年以前、2021年ともに、3本以上の本塁打を記録したコースは存在せず、大きな偏りはないことがわかる。その中でも、2021年に入ってからは、ど真ん中や真ん中高めといったコースでそれぞれ複数のホームランを記録しており、甘い球をスタンドまで運べる確率はより向上していると考えられる。

 同様に、これまで杉本選手が本塁打を記録した球種と、本塁打の打球方向についても確認したい。

(C)パ・リーグ インサイト
(C)パ・リーグ インサイト

 2021年はそれまでに比べて、ストレートを本塁打にする数がかなり多くなっている。パ・リーグの投手には速球派が多いことを考えても、より環境に適合した進化を遂げていると言える。パの投手たちが力勝負を挑んできた際に、その速球を力強くはじき返せるようになったことは、杉本選手の成績向上にも、直接敵に関わっていることだろう。

 打球方向に目を向けると、レフトへ引っ張って本塁打にする数の増加が目に付く。この点は杉本選手のパワーがより生きるようになったことの証明だが、2020年まではわずか1本だった右方向への本塁打が、今季は6月上旬の時点で既に3本記録されている点も見逃せない。

 ライトへ流して打った3本塁打は、いずれも速球を打って記録したもの。コースの面でもアウトコースが2つ、真ん中高めが1つと、先ほど紹介した今季の得意コースの傾向に合致するものだ。引っ張るだけでなく、流し打ちでも持ち前のパワーが打球に伝わるようになった点にも、杉本選手の打撃の進化が如実に表れている。

杉本選手の進化は、各種の対応力が向上したことの表れでもある

 昨季は苦手としていた高めの球やカーブ・スライダーといった球種に対する対応力の向上や、パ・リーグで生き残るために求められる、速球を強く叩く能力が向上したことが、今季杉本選手が飛躍を遂げた大きな要因として考えられる。加えて、アウトコースを流して逆方向に本塁打を打てるようになったことで、ホームランバッターとしての怖さもより増しつつある。

 大卒社会人として、ドラフト10位という指名順位でプロ入りしてから6年。急成長を遂げて主力の座へと這い上がった杉本選手は、その巨躯どうりの大器としての才能を、ついに花開かせた。「ラオウ」の愛称よろしく相手バッテリーへ恐怖を与える迫力満点の打棒を武器に、今後も打撃タイトルを争うような活躍を見せ、オリックスの主軸として覇を唱えられるか、ファンならずとも要注目だ。

文・望月遼太

関連記事

山本由伸が8回2安打15奪三振無四死球無失点で6勝目! 杉本裕太郎が決勝打

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM

  • TOP
  • ニュース
  • 力と技を兼ね備えた「世紀末覇者」。杉本裕太郎の覚醒の理由にデータで迫る