王柏融の2ラン&高濱祐仁のグランドスラム! 北海道日本ハムが巨人に逆転勝利

2021.6.5(土) 21:03 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・王柏融選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・王柏融選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月5日、東京ドームで行われた巨人と北海道日本ハムの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第2回戦は、6対4で北海道日本ハムが勝利。7回表に2本塁打で6得点を挙げ、逆転勝利を収めた。

 北海道日本ハムの先発は、プロ初登板・初先発の2年目右腕・立野和明投手。2回裏に四球と連打で1点を失ったが、それ以外は落ち着いた投球を見せる。5回裏には先頭に四球を許したものの、バントを自らさばき併殺とするなど無失点に抑え、5回3安打4四死球5奪三振1失点でマウンドを降りた。

 一方の打線は巨人の先発・戸郷翔征投手の前に6回まで散発2安打に封じられ、立野投手を援護できず。しかし7回表、先頭の近藤健介選手が安打で出塁すると、1死から王柏融選手が戸郷投手のストレートを捉え、打球は値千金の逆転4号2ランに。なおも1死満塁から代打・高濱祐仁選手にも2号満塁弾が生まれ、一挙6得点で試合をひっくり返した。

 5点差となった7回裏には3番手・堀瑞輝投手が若林晃弘選手に3号ソロを浴びるも、8回裏はB.ロドリゲス投手が無失点でつなぎ、リードは変わらず。9回裏は杉浦稔大投手が亀井善行選手、松原聖弥選手にソロ本塁打を被弾し2点差に迫られたが、後続を抑え6対4で試合終了。

 北海道日本ハムは先発・立野投手がプロ初勝利とはならなかったものの、5回1失点の好投で起用に応えた。打線も6回まで苦しめられた巨人の先発・戸郷投手を7回表に攻略。王選手と高濱選手の本塁打で挙げた29イニングぶりの得点は一挙6点となり、見事逆転勝利を収めた。

  123456789 計
日 000000600 6
巨 010000102 4

日 立野和明-○河野竜生-堀瑞輝-B.ロドリゲス-杉浦稔大
巨 ●戸郷翔征-戸根千明-田中豊樹

文・丹羽海凪

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM