打線つながらずオリックスが阪神に惜敗。宮城大弥は5回2失点も今季初黒星

2021.6.2(水) 22:01 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 宮城大弥投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 宮城大弥投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月2日、甲子園で行われた阪神とオリックスの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第2回戦は、1対2でオリックスが敗北。先発の宮城大弥投手が5回2失点とまずまずの内容を見せたが、打線が再三の得点機をものにできず、今季9試合目にして今季初黒星を喫した。

 無傷の6連勝を狙うオリックスの先発・宮城大弥投手は3回裏、2死2塁から北條史也選手にレフトへ打球を弾き返され、先制点を献上。さらには5回裏にも北條選手に適時打を浴び、リードを2点に広げられる。結局、宮城投手は6回表に代打を送られ、5回88球4安打3四球5奪三振2失点で降板した。

 打線は4回表、連打でつくった1死1、2塁の同点機に昨日4打点の紅林弘太郎選手が併殺打に倒れるなど、得点圏に走者を進めながらも得点を奪うことができない。2点を追う6回表、紅林選手が名誉挽回の適時打を放って1点差に詰め寄り、続く代打・T-岡田選手は四球を選んでチャンスを広げたが、福田周平選手が遊ゴロに倒れ同点とはならなかった。

 6回裏には昨季まで阪神でプレーした能見篤史投手が登板。連打を浴びたものの、後続を断ってこのピンチを切り抜け、甲子園凱旋登板を1回2奪三振無失点で飾った。7回表にも1死1、2塁と得点圏に走者を進めたオリックスだが、モヤ選手の左飛で飛び出していた2塁走者・吉田正尚選手が戻り切れずこの好機も逃す。9回表も守護神・スアレス投手の前に3者凡退に倒れ、1対2のまま試合終了。

 オリックスは阪神を上回る9安打を放ったが、打線がつながらず接戦を落とした。なお、この試合「2番・二塁手」で先発出場した安達了一選手は通算1000試合出場を達成している。

  123456789 計
オ 000001000 1
神 00101000X 2

オ ●宮城大弥-能見篤史-村西良太-K-鈴木
神 ○秋山拓巳-岩貞祐太-馬場皐輔-岩崎優-Sスアレス

文・吉村穂乃香

関連リンク

6/2 ジャイアンツ対ライオンズ結果
6/2 スワローズ対イーグルス結果
6/2 ベイスターズ対ホークス結果
6/2 ドラゴンズ対マリーンズ結果
6/2 カープ対ファイターズ結果
【ファーム】6/2 ファイターズ対ジャイアンツ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM