最終回1点差に詰め寄るも福岡ソフトバンクが巨人に敗戦。同一カード3連勝はならず

2021.5.30(日) 17:50 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・長谷川勇也選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・長谷川勇也選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月30日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと巨人の「日本生命セ・パ交流戦 2021」第3回戦は、3対4で福岡ソフトバンクが敗戦。同一カード3連勝とはならなかった。

 福岡ソフトバンクの先発・和田毅投手は初回、2死2、3塁から巨人・スモーク選手に2点適時打を浴び、先制点を献上。それでも2回裏、打線は8番・松田宣浩選手のフェンス直撃となる適時二塁打と1番・牧原大成選手の適時打が飛び出し、2対2の同点に追い付く。牧原大選手は「今宮さんがつなげてくれたチャンスを生かそうと、その気持ちだけでした。フォークを上手く捉えることが出来たと思います。まず追い付くことができて良かった」と振り返った。

 粘りの投球を見せていた和田投手だが、5回表、4番・岡本和真選手に勝ち越しとなる14号ソロを浴び、1点を追う展開に。打線は5回裏から3イニング連続で3塁に走者を置く好機を迎えるもあと一本が出ず、ゲームは終盤戦に入った。

 すると8回表、3番手・泉圭輔投手が5番・スモーク選手に6号ソロを被弾し、スコアは2対4に。打線は9回裏、1死1、2塁の好機をつくると、5番・長谷川勇也選手が打球をセンター前へはじき返し、1点差に。なおも2死1、2塁の場面で甲斐拓也選手を迎えるも、最後は見逃し三振に倒れ試合終了。福岡ソフトバンクは、先発・和田投手が5回105球5安打8奪三振4四球3失点で今季3敗目。打線は最終回に意地を見せるも、あと一歩及ばなかった。

  123456789 計
巨 200010010 4
ソ 020000001 3

巨 ○戸郷翔征-鍵谷陽平-大江竜聖-高梨雄平-ビエイラ-中川皓太-Sデラロサ
ソ ●和田毅-松本裕樹-泉圭輔-板東湧梧

文・岩井惇

関連リンク

5/30 イーグルス対ベイスターズ結果
5/30 ライオンズ対タイガース結果
5/30 バファローズ対スワローズ結果
5/30 ファイターズ対ドラゴンズ結果
5/30 マリーンズ対カープ結果
【ファーム】5/30 マリーンズ対スワローズ結果
【ファーム】5/30 ホークス対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM