先発全員安打の12安打9得点でオリックスが大勝! 山本由伸は約1カ月ぶり4勝目

2021.5.28(金) 21:27 パ・リーグ インサイト
オリックスバファローズ・山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックスバファローズ・山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月28日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと東京ヤクルトの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第1回戦は、9対2でオリックスが勝利した。

 4月21日以来の勝利を目指すオリックスの先発・山本由伸投手は、初回を3者凡退に抑える上々の立ち上がり。打線は直後の1回裏、宗佑磨選手が死球で出塁すると、続く3番・吉田正尚選手が先制の12号2ランを放つ。さらに安打と四球で1死満塁とし、7番・杉本裕太郎選手、8番・紅林弘太郎選手の連続適時打で3点を追加。初回に打者一巡の猛攻で5点を先制する。

 大量援護をもらった山本投手は2回表も3者凡退に。3回表は無死1、2塁のピンチを招くが、空振り三振と併殺打で切り抜けた。すると3回裏、四球で出塁した杉本選手を1塁に置いて、前の打席でタイムリーの紅林選手が今度は3号2ラン。さらに3連打で満塁とし、吉田正選手の内野ゴロの間に8点目を追加した。

 オリックスは6回裏にもロメロ選手の5階席に飛び込む特大の2号ソロで1点を追加。先発の山本投手は4回表に四球と3連打で2点を失うが、7回まで投げきり5安打3四球9奪三振2失点で降板した。8回表に復帰後初めてマウンドに上ったヒギンス投手はピンチを背負いながらも無失点に抑え、9回表はK-鈴木投手が登板。わずか9球で3者凡退に抑え、試合を締めくくった。

 勝利したオリックスは、先発全員安打で12安打9得点。ロメロ選手が2安打1本塁打1打点、紅林弘太郎選手は2安打1本塁打3打点の活躍、先発の山本投手は約1カ月ぶりの勝ち星となる4勝目を挙げた。

  123456789 計
ヤ 000200000 2
オ 50300100X 9

ヤ ●バンデンハーク-大西広樹-吉田大喜-坂本光士郎-梅野雄吾
オ ○山本由伸-ヒギンス-K-鈴木

文・波多野瞭平

◇パーソル パ・リーグTV無料視聴キャンペーン実施中!5月30日まで交流戦全試合が見放題!
https://tv.pacificleague.jp/page/service/

関連リンク

「パーソル パ・リーグTV」無料視聴キャンペーン実施中!この週末はパ主催の交流戦全試合が見放題!
5/28 ファイターズ対ドラゴンズ結果
5/28 イーグルス対ベイスターズ結果
5/28 ライオンズ対タイガース結果
5/28 マリーンズ対カープ結果
5/28 ホークス対ジャイアンツ結果
【ファーム】5/28 マリーンズ対スワローズ結果
【ファーム】5/28 ホークス対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM