R.ロドリゲスが待望の来日初本塁打を放つも、流れをつかみ切れず北海道日本ハムが惜敗

2021.5.26(水) 21:36 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・R.ロドリゲス(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・R.ロドリゲス(C)パーソル パ・リーグTV

 5月26日、神宮球場で行われた東京ヤクルトと北海道日本ハムファイターズの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第2回戦は、3対4で北海道日本ハムが惜敗。交流戦前から続いていた連勝がストップした。

 北海道日本ハムは初回、1番・五十幡亮汰選手が安打で出塁し、すかさず盗塁で2塁へ進む。その後、犠打と四球などで1死2、3塁のチャンスをつくると、4番・渡邉諒選手の内野ゴロの間に1点を先制する。

 援護をもらってマウンドに上がったのは加藤貴之投手。初回、1番・塩見泰隆選手と2番・中村悠平選手の連打で無死1、2塁のピンチを招くと、続く3番・山田哲人選手にフルカウントから左中間スタンドに飛び込む11号3ランを浴びて逆転を許す。

 追いかける北海道日本ハムは3回表、9番・加藤投手と3番・西川遥輝選手の安打で2死1、2塁とし、4番・渡邉選手の適時打で1点差に迫った。ところが直後の3回裏に7番・サンタナ選手の適時二塁打で再度2点ビハインドとなる。結局、先発の加藤投手はこの回を投げ抜いたところで降板した。

 再び試合が動いたのは6回表。6番・R.ロドリゲス選手が2番手・清水昇投手からレフトスタンド中段に突き刺さる来日1号ソロを放ち1点差に迫る。投手陣は加藤投手の後を継いだ西村天裕投手、河野竜生投手、宮西尚生投手、玉井大翔投手が無失点の好救援を披露し、3対4のまま最終回へ。逆転したい打線だったが、守護神・マクガフ投手を打ち崩せずに試合終了。

 先発した加藤投手は3回8安打4奪三振4失点で4勝目ならず。R.ロドリゲス選手に来日初本塁打が生まれ、4番・渡邉選手が2打点の活躍を見せたが、あと1点が遠かった。なお、東京ヤクルトの青木宣親選手は初回に日本選手で史上4人目となる日米通算2500安打を達成している。
 
  123456789 計
日 101001000 3
ヤ 30100000X 4

日 ●加藤貴之-西村天裕-河野竜生-宮西尚生-玉井大翔
ヤ ○田口麗斗-清水昇-今野龍太-近藤弘樹-石山泰稚-Sマクガフ

文・岡絃哉

関連リンク

5/26 ジャイアンツ対イーグルス結果
5/26 ベイスターズ対バファローズ結果
5/26 ドラゴンズ対ホークス結果
5/26 タイガース対マリーンズ結果
【ファーム】5/26 イーグルス対ベイスターズ結果
【ファーム】5/26 ホークス対タイガース結果
【ファーム】5/26 ライオンズ対マリーンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM