【ファーム】最終回に1点差まで詰め寄るも、あと一歩及ばず。楽天が横浜DeNAに連敗

2021.5.26(水) 16:11 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・渡邊佳明選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・渡邊佳明選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月26日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた楽天対横浜DeNAのイースタン・リーグ公式戦、第6回戦は7対8で楽天が敗戦した。

 楽天の先発・塩見貴洋投手はその立ち上がり、1死から森敬斗選手に先制弾を浴びる。3回表には無死1塁から適時二塁打を許し、なおも1死3塁のピンチから適時二塁打を浴びるなど、この回3点を献上。4回表は3人で抑え、4回8安打4奪三振4失点で降板した。

 打線は3回裏、先頭の8番・水上桂選手がチーム初安打を放つと、続く江川侑斗選手の二塁打で好機を拡大。すると無死2、3塁から山崎剛選手に適時打、黒川史陽選手に2点適時二塁打が飛び出し、3点を返す。さらに1死3塁から4番・和田恋選手が同点となる犠飛を放ち、試合は振り出しに戻った。

 2番手で登板した池田駿投手は5回表、2死から四球を与えると、楠本泰史選手に適時三塁打を浴び、勝ち越しを許す。6回表にマウンドに上がった牧田和久投手は、味方の失策により2死2塁のピンチを背負うと、細川成也選手の適時打で1点を失う苦しい展開に。

 2点を追う楽天は6回裏、2死から5番・渡邊佳明選手が2号ソロを放ち、1点差に詰め寄るも、直後の7回表に福井優也投手が楠本選手に5号2ランを浴び、スコアは5対8に。

 3点ビハインドで迎えた9回裏は、水上選手の安打と2四球で1死満塁とすると、相手の失策により1点を返す。さらに和田選手に犠飛が生まれて1点差まで迫るも、後続が打ち取られ7対8で試合終了。最終回に追い上げを見せたが、大量失点が響き悔しい連敗を喫した。なお、渡邊佳選手、水上選手が猛打賞をマークしている。

  123456789 計
デ 103011200 8
楽 004001002 7

デ ○上茶谷大河-シャッケルフォード-池谷蒼大-田中健二朗-S櫻井周斗
楽 塩見貴洋-●池田駿-牧田和久-福井優也-寺岡寛治-佐藤智輝

文・高橋優奈

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

5/26 ジャイアンツ対イーグルス結果
5/26 スワローズ対ファイターズ結果
5/26 ベイスターズ対バファローズ結果
5/26 ドラゴンズ対ホークス結果
5/26 タイガース対マリーンズ結果
【ファーム】5/26 ホークス対タイガース結果
【ファーム】5/26 ライオンズ対マリーンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM