小島和哉が待望の今季初勝利! 柿沼友哉の今季初本塁打も生まれ千葉ロッテが勝利

2021.5.9(日) 17:52 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・小島和哉投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・小島和哉投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月9日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第9回戦は7対4で千葉ロッテが勝利。初回に3失点するも序盤に逆転し、流れを渡さずリードを守り切った。

 1回表、千葉ロッテの先発・小島和哉投手は3番・吉田正尚選手の適時二塁打、続く杉本裕太郎選手の7号2ランで一挙3得点を奪われる。しかし直後の1回裏、打線はオリックスの先発・増井浩俊投手から荻野貴司選手が二塁打で出塁すると、続くマーティン選手の適時打ですぐさま1点を返す。さらに四球などで2死1、3塁とすると、レアード選手からも適時打が生まれ追加点。スコアを2対3とし1点差に詰め寄る。

 追いつきたい千葉ロッテは2回裏、柿沼友哉選手が完璧に捉えた打球はスタンドへ。第1号ソロ本塁打が貴重な同点弾となり、試合を振り出しに戻す。さらに3回裏、安田尚憲選手の安打などで無死満塁とすると、井上晴哉選手の併殺打の間に3塁走者が生還し、勝ち越しに成功。続く4回裏にも3番・中村奨吾選手が適時打を放ち、1点を追加してスコアを5対3とする。

 小島投手が5回を終え後続に後を託すと、6回表は田中靖洋投手が無失点に抑える。しかし7回表、3番手・ハーマン投手が代打・T-岡田選手から第1号ソロを浴び、1点差に詰め寄られる。

 突き放したい千葉ロッテは7回裏、安田選手の安打などで1死2、3塁の好機をつくると、井上選手に2点適時打が生まれ、リードを3点とし流れを渡さない。7対4で迎えた8回表を唐川侑己投手が無失点で切り抜けると、最終回は益田直也投手が危なげなく3人で締めくくり試合終了。

 勝利した千葉ロッテの先発・小島投手は序盤の不安定な立ち上がりを修正し、5回5安打6奪三振3失点の内容で今季待望の初白星。打線も11安打と小刻みに得点を重ね、本拠地でカード勝ち越しを決めた。一方敗れたオリックスは先発・増田投手が3.2回8安打3四球5失点(自責点4)と試合をつくれず、打線も吉田正選手が4打数4安打の活躍を見せるも、つながりを欠いた。

  123456789 計
オ 300000100 4
ロ 21110020X 7

オ ●増井浩俊-山田修義-比嘉幹貴-K-鈴木-金田和之
ロ ○小島和哉-田中靖洋-ハーマン-唐川侑己-S益田直也

文・山本理絵

関連リンク

5/9 ファイターズ対イーグルス結果
5/9 ホークス対ライオンズ結果
【ファーム】5/9 イーグルス対マリーンズ結果
【ファーム】5/9 ライオンズ対ジャイアンツ結果
【ファーム】5/9 バファローズ対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM