【ファーム】植田将太の犠飛で勝ち越し! 千葉ロッテが延長戦を制する

2021.5.7(金) 17:23 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・植田将太選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・植田将太選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月7日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた楽天対千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦、第7回戦は8対6で千葉ロッテが延長戦を制した。

 初回に1点を先制された千葉ロッテは3回表、先頭の7番・福田光輝選手が二塁打で出塁すると、犠打と四球で1死1、3塁の好機を作る。すると1番・西巻賢二選手の適時打が生まれ同点に。さらに2死満塁から4番・宗接唯人選手が2点適時打、6番・福田秀平選手が押し出し四球を選び、この回一挙4得点で逆転に成功する。

 千葉ロッテの先発は大嶺祐太投手。初回に先制点を許すが最少失点で切り抜けると、その後はランナーを出しながらも粘り強い投球で5回1失点と試合を作る。6回裏からは継投に入り、7回裏に3番手・東條大樹投手が山崎真彰選手に2点適時二塁打を浴びるも、リードは保って4対3で最終盤へ。

 千葉ロッテは8回表、1死から連続四球で1死1、2塁とすると、6番・福田秀平選手が2点適時三塁打を放ち、6対3と再びリードを広げる。しかし直後の8回裏、南昌輝投手が堀内謙伍選手の適時打などで3点を失い、試合は振り出しに戻った。

 9回は両軍とも得点できず、延長戦へ突入。千葉ロッテは10回表、無死から途中出場の山本大斗選手が三塁打で出塁し、1死1、3塁とする。ここで植田将太選手に犠飛が生まれ勝ち越しに成功すると、さらに2死1、3塁から代打・高濱卓也選手にも適時打が飛び出し2点リードとする。10回裏は山本大貴投手が登板し、無失点に抑えて8対6で逃げ切った。

 勝利した千葉ロッテは救援陣が終盤に追い付かれるも、10回表に2得点を挙げ楽天を振り切った。一方敗れた楽天は、投手陣が8失点と粘れず。打線は相手を上回る12安打を放ち一時は同点に追い付いたが、勝ち越すことができなかった。

  12345678910 計
ロ 0040000202 8
楽 1000002300 6

ロ 大嶺祐太-石崎剛-東條大樹-南昌輝-○成田翔-S山本大貴
楽 藤井聖-寺岡寛治-高田萌生-渡邊佑樹-津留崎大成-鈴木翔天-●福井優也 

文・木村圭

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM